まるでスライムの川。目を疑うようなエメラルドグリーン色になった不気味な川

absent_river_640_08

カナダのとある川が大変なことになっている。川がまるで、おもちゃにある、ドロドロしたスライムのような色になってしまっている。一体何故こんなことになってしまったのか、環境面への影響は無いのか?そんな不気味な現象がカナダで発生している。



こちらが問題の川

absent_river_640_02

こちらが問題の川。
見てのとおり、蛍光色というか、見事なまでのエメラルドグリーン。
しかも、その色は川の流れとなっており、途切れることなく流れ、消える様子も無い。
この現象は、昨年の12月29日に発生、環境省によると、水と何かの化学反応があったが
幸い、魚への影響は無いという。

近影

absent_river_640_03

環境に影響が無いとすると、これは天然の色だというのか。
もしそうだとすれば、非常に興味深い観光スポットになるだろう。
ただ、そうはいってもこの毒々しい色をした川で泳ぐ勇気は無い。

動画もあります

動画リンク先(iPhoneの方)
http://izismile.com/2011/01/13/absent_river_17_pics.html

詳細はこちらへ
Really funny stuff – “Absent” River (17 pics + 1 video)

関連ニュース

声がやたら『ラジオDJ』っぽいホームレスが話題に
見ているほうが寒い!中国人が氷づけ耐久でギネス記録を破る

9 COMMENTS

秒刊名無し

何かの炭酸ジュースみたい

秒刊名無し

ぜったいメロン味だな。

秒刊名無し

もっと調べて記事にしたらどうなの?
環境省のコメントを記事に書いてるけどさ
その環境省が、河川調査の一環で毒性のないフルオレセインっていう蛍光着色料を使用したってコメントでてるんだけど・・・

秒刊名無し

※6
パクリ王にそこまで求めるなよ

秒刊名無し

河川での利用
フルオレセインの最も大々的な利用は聖パトリックの祝日に見られる。シカゴ川にこの色素を投入して緑色に染めるのである。1962年には実に 45kg のフルオレセインが投入されているが、2005年では 18kg に減っている。他に、水溶性のフルオレセインを雨水に添加して、環境中での水の行方や水漏れを追跡するなどの用法もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3
日本でも洞窟内の水に流してどの川に流れてるか調査する時に使うが。
無知は最強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。