田舎者を驚かすタッチパネル式自販機を触ってみた

03

東京住まいの方は、既に知っているのかもしれませんが、東京の某所に設置されている自販機が実に画期的。なんと、普通サンプルの缶や、ペットボトルがディスプレイされているはずの場所に、それらはなく、あるのは液晶画面という信じられない自販機がおかれていたのだ。しかもアニメーションするなど、液晶ならではの特徴をも生かしている。



こちらが画期的な自販機

02

こちらが、画期的な自販機だ。一見なんの変哲もないような自販機ですが
ディスプレイエリアに注目していただきたい。

03

なんと、ディスプレイには缶やペットボトルが置かれているのではなく
平面の液晶画面があるのだ。しかもジュースを選ぶボタンもなく
購入方法は一般のものとは違うようだ

ためしに、お金を入れてみました、すると次のような画面が
表示された

04

液晶ならではのしかけ。お金を入れると残りいくら必要なのか
表示されるというしくみ。
購入ボタンは無く、欲しいジュースにタッチするという仕組みだ。
お金を入れると喋るような自動販売機はかつて、いくらでもあったが
全面的にアニメーションさせ
るものはなかった。

01

購入を完了させると、Thankyou画面を表示させるようだ。
この状態では、ジュース類は消える。
ディスプレイにジュースが消えるというのもめずらしい。

コレ実は、昨年の8月から東京の一部エリアで設置されている
物なのですが、実際見てみると、目を見張るものがある。
巨大な液晶やタッチパネルは異様な光景。
このプロジェクトはJR東日本ウォータービジネスが手掛ける
『売上約3 倍の次世代自販機』というキャッチフレーズで設置
されている。

動画もありますので見ていただきたい

東京の方はもう当たり前の光景になっているのでしょうね。
早く地方にも設置してほしいものだ


PDF

売上約3 倍の次世代自販機