各職業・学者の性質を端的に表したジョーク

各職業・学者

世に様々な職業・学者あり。今回はひとつの問いに対する答え方から、各職業・学者の性質がわかるジョークを紹介する。
「2+2は?」とある会社のオーナーが、部長を決めるために面接をしていました。まずオーナーは2+2はいくつになるか、という問いに答えられる人々を選びました。

エンジニアは手持ちの定規を出して、あちこちに動かし、ようやくこう答えました。

ー「答えは3.98と4.02の間です」
数学者はこう答えました。
ー「2時間以内にはそれが4であることを短い証明とともに立証出来ます」

弁護士はこう答えました。

ー「スベンソン氏が州と争った判例からすると2+2は4と宣言されています」

トレーダーはこう尋ねてきました。

ー「売りですか?買いですか?」

会計士は会社のオーナーを見て、椅子から立ち、誰も聞いていないことを確かめにドアの方まで行き、カーテンを閉め、もう一度オーナーのところに戻って来ました。
そしてデスクによりかかり、とても小さな低い声でこう言いました。

ー「どんな数字にして欲しいですか」

ー「黒い羊」

天文学者と物理学者と数学者と哲学者がスコットランドに旅行に行った。
電車の窓から外を眺めると、
一頭の黒い羊がいた。

これを見て天文学者が行った。
「へぇ、スコットランドの羊は黒いんだ。」

すると、天文学者のこの言葉を聞いた物理学者が言った。
「だからおまえたち天文学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。正しくは『スコットランドには少なくとも一頭黒い羊がいる』だろ?」

すると、物理学者のこの言葉を聞いた数学者が言った。
「だからおまえたち物理学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。正しくは『スコットランドには少なくとも一頭、少なくとも片側が黒い羊がいる』だろ?」

すると、数学者のこの言葉を聞いた哲学者が言った。
「だからおまえたち数学者は論理的じゃないとバカにされるんだ。
まず『黒いとは何か、羊とは何か、そもそも存在するとはどういうことなのか』から考え始めなければならない」

ライター:樋口瞬(マグネットプレス

16 COMMENTS

秒刊名無し

わりぃ意味分かんなかったから誰かkwsk

秒刊名無し

>>1
コピペをネタにした湯川の苦し紛れの記事だから深く考えること無いぞ

秒刊名無し

あいかわらず会計士は黒いな。
黒い羊の話と2+2の話はつながらないんだからわかりやすく分けて書いたらいいのに。
アレじゃオーナーが黒い羊って答えて、そこからつながるエピソードみたいじゃん

閑々名無し

「湯川とは何か、そもそも秒刊とは何なのかを考えなさい。」

秒刊名無し

いきなり黒い羊www
読み返して確認すればおかしいことに気付くだろうに

秒刊名無し

オチ抜けてんじゃん
生物学者「あれは山羊だ」

秒刊名無し

おい、誰か9に座布団10ポンドやってくれ。

秒刊名無し

本当に古いネタだな、、、
ネタ提供できないんなら、早くこのサイト閉じたら?

秒刊名無し

ダッシュ「―」じゃなくて長音「ー」使うって…

秒刊名無し

湯川、お前は本当にろくでもない奴だな。
俺はこんなサイト訪ねて恥ずかしいよ。

秒刊名無し

こいつライターとしての才能なさすぎだろ
コピペ貼っつけてないで自分で記事書けよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。