なんとヒマラヤで10キロ近い巨大リスがペットとして飼われている

risu

日本でもおなじみのリス。体長10センチから15センチぐらいのカワイイやつで、頭も良い。もちろんペットとしても飼われているのですが、世界は広い。なんと重さ10キロ近い巨大なリスがヒマラヤで飼われているというのだ。ヒマラヤ山脈もでかいが、そこに生息するリスもでかい!ということで早速どのようなリスなのか、紹介したい。


クリップボード02

もはやリスとはいえないほど、貫禄のある巨大なネズミのような、この生き物は通称『マーモット』と呼ばれ、日本ではあまりなじみが無いが、海外では割とメジャーなリスだという。
そうはいっても、中国のニュースサイトで紹介されるほどであるから、中国人ですら驚くほどの大きさなのだろう。

体長は300~650 mm、体重は3キロ~8キロぐらい。
リス科の動物で、ほら穴に住んでいるという。そうはいってもここまで人間に、
ずうずうしくなついているのだから、天敵はほとんどいないのかもしれない。
天敵と言っても、彼らを襲うほど巨大な肉食獣がヒマラヤにウロウロしているわけもないのですが。

12991327053572169

おばあちゃんもリスに餌やり。
リスも、「ごっちそうさん!」と言わんばかり堂々とした態度で餌にありつく。しかも直立状態。

まるでアニメみたいなシーンですね。
リスにしてはちょっと太り過ぎなので、巨大リス用の回し車をプレゼントしてあげたい気持ちになりますね。

ソースはこちら

ライター:ユカワ

【関連記事】

機嫌悪いハムスターには手を出してはいけないと判る動画