玉ねぎの量が異常。「マンハッタンバーガー」試食レビュー

03

Big America2 の第4弾「マンハッタンバーガー」が発売開始と言う事で早速購入してまいりました。第1段~第三段までは、割とガッツリ系のハンバーガーが多かったが今回は割とあっさりしているイメージだ。とはいえ、クォーターパウンダーで使われているミートや、ジューシーなパストラミビーフは、決して軽い食事で終わるわけではなかった。


00

こちらがマンハッタンバーガーのセット、Mが740円でした。
パッケージは他のシリーズ同様、紙でできたパッケージだ。

01

持ち上げるとずっしりとしたこの重みは、Big America2シリーズ共通だが、第一弾~第三段までのような、ごってりとしたイメージはなく、マンハッタンのサンドイッチをイメージした、あっさりとした印象。

材料は、モツァレラチーズ、レタス、オニオン、そしてサワークリームソースだ。

メインはハムのような形をした『ストラミビーフ』。
つまり、ミートとこのストラミビーフ合わせて2枚の肉があるというわけで決してアッサリではないのかもしれないが、エネルギーは542(kcal)
テキサスバーガー2が645kcalと考えると、やはりあっさりめか。

02

それにしても驚くべきことは、かなり玉ねぎが沢山はいっており
シャキシャキとした歯ごたえがある。
ストラミビーフとのコラボレーションが見事にマッチしている。
そこにサワークリームが、とろーりと覆いかぶさり、ツーンとした
玉ねぎの刺激を見事に消し去ってくれる役割を果たす。

印象としては、やはりがっつり系というより、あっさり目
しかし、BIGアメリカンの名にふさわしいボリュームはある
そんな感じのバーガーだ。

一度ニューヨークの気分を味わいながら食べていただきたい一品だ。