今度は上海で何故か『洗剤』が品切れパニックに

shanghanese-panic-buy-laundry-detergent-01-560x356

日本では、震災の影響で水や乾電池、トイレットペーパーに至るまで、様々な生活必需品が一時品薄状態になる騒動が起きたが、お隣中国では、塩が品薄になっていることを前回お伝えした。この問題は更に広がりを見せ、上海では何故か、洗剤関連が売り切れるという事態が発生している。なぜ洗剤なのかは不明だが、日本の震災の影響は意外なところで影響を及ぼしている。


shanghanese-panic-buy-laundry-detergent-02-560x361

ご覧のとおり、上海のスーパーでは洗剤が争奪戦となり、その後商品の陳列棚が
もぬけの殻だ。
無くなっているのは、洗浄剤、歯磨き粉、洗濯洗剤、石鹸、シャンプー、など
洗剤系の商品ばかり。

しかしなぜ洗剤が売り切れるような事態が起こるのだろうか。
まさか食べるわけではないので、食用ではないと想像されるが、考えられるものとすれば
やはり、日本の放射能汚染による健康被害を懸念し、付着したであろう放射能
を洗い流すなどということであろうか。

shanghanese-panic-buy-laundry-detergent-04-560x359

日本ならずとも世界でも同じようなパニックが発生するという事は
これは人間の持っている危険回避本能なのかもしれない

掲載元:http://my.hockhina.com/

ライター:ユカワ