『魔法少女まどか☆マギカ』オークションに最終話シナリオ出品でサブタイトルがネタバレ!?

madoka
 

今年1月の放送開始から話題となっていた、作画のかわいらしさとは相反したハードなストーリーの『魔法少女まどか☆マギカ』。

3月11日に発生した『東北地方太平洋沖地震』の影響から、残り2話(現在10話まで放送済)の放送が休止されている同作品の最終話シナリオがオークションに出品されたとして話題になっています。


問題のオークションはこちら。

madoka01

結局、入札者が誰もいないまま終了した同オークションですが、すでにネット上では話題となっており

madoka02
 
・今見たらすでにオク終了した。落札者なしか。評価見てると原画やら出品してるし、マジで本物を出品しようとしてたかも・・・。
・モノホンだったら、出品に関わったところ全部が業界から干されるうるぞ。
・放送終わったと勘違いしてたのかも知れない。指摘されて取り下げたんじゃないかと。
・明日エイプリルフールだから早漏が早まっただけだと思うぞ。
・……なんかほんとにマジっぽいなあ。

と、本物だったのか釣りだったのか議論が交わされていました。

madoka03
 
公式サイトでは次回予告もされていないことを考えると、11話を飛び越して最終話のネタバレはファンとしては複雑なところ。
こちらの出品が3月31日15時53分にされ、その数時間後である3月31日20時 50分に入札者なしのまま終了していることから、出品後に何らかがあって急遽取り下げたという印象も受けますね。

それとも、一時放送が休止したことで注目度が下がらないように盛り上げるための演出・・・なんてことも考えられないこともないわけですが。

いずれにせよ、このサブタイトルが本物だったのかどうかは実際の放送を見れば判明することです。
さて、真実やいかに・・・?!