手を触れずにトイレのドアを開ける画期的な方法が話題に

01

皆さんは、トイレから出る際にドアノブを触ることに抵抗感はないだろうか。前の人が手を拭かずにドアを開けたことにより、ドアノブが濡れ、それに触れなければドアを開ける事が出来ないという、耐えがたい嫌悪感は誰しも経験したはず。かといって自動ドアにするわけにもいかない。そこで、海外サイトに素晴らしいアイディアが投稿されていたので紹介したい。


MHhDZ

こちらが、手を触れずにドアを開けている瞬間だ。
一見、自動的にあいているように見えるが、そうではない。なんと足元にもドアノブがついており
それをひっかけて開ける事により、ドアを開かせるという手法。
こうすれば、濡れた手でドアノブを触れることもないし、前の人が濡らしたドアノブに触れる事もない。
しかも、自動ではないので、セキュリティも保たれ、電気も使わないという一石二鳥ぶりにも注目。
結局足がよごれるじゃん!と思うかもしれないが、濡れた手で触る抵抗感に比べたら遥かに許容できる。
やはり、この問題は世界共通だったのですね。

--海外の反応

 ・靴が汚れないほうがいい
 ・簡単に解決できる、押し戸にすればいい。
 ・押し戸は消防法の関係で駄目だそうです。
 ・糞や細菌がついただけで世界が終るわけじゃあるまいし。
 ・ああこれいいかも
 ・ハンドルで回すタイプは極悪。
 ・ドア無くせばいいじゃん
 ・同じタオルを使うほうが抵抗感あるわ
 ・そんなことを気にしていたら免疫がつかないぞ
 ・確かに今まで触れないようにしていた
 ・お前らちゃんと手を洗えよ!ただそれだけのことじゃねえか!
 ・まさしく、クソスレッドだ。

この問題、手をしっかり洗ってもドアノブで汚れるという意味の無さが大問題なのですよね。
早くこの足ドアノブが普及することを祈りたいです。

参考:
This is genius and needs to be mandatory!! : pics)より