カロリーもメガ級920キロカロリー『メガてりやき』を食ってみた

DSC_0005

2007年に発売していたアのメガシリーズ『メガてりやき』が再発売となった。本作品はテリヤキパティを2段重ねにし、オリジナルのトッピングを加えたテリヤキバーガーとは一味もふた味もちがう、究極のハンバーガー。カロリーはなんと920キロカロリー。あとすこしで本当にメガカロリーに近づくという驚異的なハンバーガーの存在感を改めて再認識した。


DSC_0003

左のテリヤキバーガーと右のメガてりやき。
ラッピングは割と似ている。サイズは単純に2倍サイズのように見えるが、中を開けると
そうでもないことが分かる。

DSC_0010

メガてりやきのバンズは『ビックマック』等に使われているビックマックバンズだ。
真ん中にパンが1枚は酸であるだけで、ボリューム感がまるで違う、

DSC_0006

また、写真では分かりにくいが、テリヤキバーガーでありながら
チーズが混入されている。『テリヤキバーガー=日本の味』という印象を
チーズという海外文化を織り交ぜる事で、今までの概念を覆してしまう
全く新しい発想だ。

DSC_0011

さて、早速食べてみた感想だが、2007年に販売していた頃のメガてりやきと
個人的な感想だが少し印象が異なった。
恐らく、テリヤキソースをどっぷりとつけるのではなく、食べやすい量に押さえているように思え
以前問題となっていた、手がベトベトになるという問題点をクリアしている。
だからと言って以前からスペックダウンしているわけではなく、むしろスペックは上がっている。

ちにみに、2007年のメガてりやきのカロリーは903キロカロリー。
4年たった2011年のメガてりやきはなんと920キロカロリー。

名実ともにメガカロリーに近づいた訳ですが、以前の成分と何が違うのかまでは分からない。
しかし、豚肉とショウガの味、肉の食感、香り、どれをとってもベストであり
2段重ねたからと言って、決してしつこくないという点はさすがだ。

たしかに1つ食べきることによりあっという間に満腹感になるこの破壊力はメガシリーズの名にふさわしい
ボリューム感であり、さすがだと感じた。

これにポテトとドリンクが、セットでついてくる事を考えると、男性でも十分過ぎるほどの量だ。
一度食べてみてはいかがだろうか。

<参考>

エネルギー     たんぱく質     脂質     炭水化物     食塩相当量
920(kcal)     29.1(g)     64.2(g)     56.6(g)     4.3(g)

---値段

単品:340~350円
バリューセット:650~670円。

ライター:ユカワ