…えっ!?なんでこんな名前に。商品名を略しすぎてヤバいものになってる件

pan001

一時期は『東日本大震災』の影響で品薄になっていたパン。
購入して食べていると「貴重なパンを食べてる!」と羨望のまなざしで見つめられた方も多かったのではないでしょうか?
そんなパンが並ぶ店頭で、商品名の略し方を間違ってしまったことで注目を浴びているPOP画像がツイッターで報告されています。


最初は、???と思った記者でしたが、改めて調べてこの単語がとんでもないものであることを知り、ある意味お店の大胆さに驚きを隠せませんでした。

pan002

えーと・・・このPOPを作成した方はこの言葉の意味をご存知だったのでしょうか?それとも単なる打ち間違えだったのでしょうか?

元々の名前は「パインぱん」。しかしPOPの表記は・・・・・。
これを見たユーザーからは

・ア、アウトー!!
・まあ、店員の頭を疑うけれど。そういうミスもあんじゃん?ww
・これは売れる。
・やりやがったな・・・。
・大人買いするぞw
・確信犯w

と、様々な反応が寄せられています。

というか、これ、お客さんから突込みが入らなかったんでしょうか?その後がとっても気になる一枚ですね。

ライター:Yohko Kitashima