『静岡に避難した福島の小学生が死亡』Twitterで噂広まるも記事削除

dema

『福島から避難した静岡の病院で小学5年生が亡くなりました』などというブログの記事が投稿され、Twitterなどを中心に不安が広まっている。情報によると、福島原発の水素爆発による被曝で、亡くなった方が沢山いるのに、全く公表されていないとのことだ。しかし、Twitterや2ちゃんねるなどで噂が広まると、その記事は削除されてしまった。この情報に県議会議員など、多数がリツイートしている。


クリップボード01

ブログ記事の情報によると

======================================================
島から避難した静岡の病院で小学5年生が亡くなりました
私の子供と同じ小学校に、いわき市から避難してきた子の親からの情報です。
今まで、福島原発の水素爆発による被曝で、亡くなった方が沢山いるのに、全く公表されていない、
パニックにならないよう配慮されているとか、因果関係を調査中であるとか、言われるそうです。
その方の友人のお子さんは、小学校5年生で、被曝当時は福島県久ノ浜にいたそうですが、
静岡県の病院で亡くなったそうです(鼻出血など放射線障害の急性期症状で)。
(以下略)
======================================================

とのことで、不安を感じたユーザがTwitterなどを使い、多く広まっている。
また、梶川ゆきこ氏もこのブログを見てリツートしていることから、記事の信憑性・危機感が高まった。
しかし、2ちゃんねるなどでは、ニュースソースが存在しないことや、『亡くなったそうです、沢山いたそうです』
など、情報がすべて聞いた話である点、さらに、同じような記事が他のブログにも何件も存在する点を踏まえ、
デマやスパムの可能性が高いと指摘している。

また、静岡の編集部では小学生が死亡したというニュースは報道されていない。

そしてなぜか記事が削除されてしまっていることから、よりデマの可能性が濃厚になってきた。
こどもの日に子供が死ぬという怪しい情報に敏感にならざるを得ないのは
いたしかたないことだが、情報を全て鵜呑みにするのではなくある程度慎重に
考察するというのもTwitterを使う上での留意点だ。

【関連記事】

【拡散希望】福島から逃げてきた小学生が本日、放射能を浴びすぎて死にました

似たような記事
福島から避難した静岡の病院で小学5年生が亡くなりました

Twitter梶川ゆきこ氏
@梶川ゆきこ(前広島県議会議員): 真実を勇気をもって国民に公開するべきだと思います! …