今では考えられない60年前の婚活の凄さを知るべき

a0027_001690

近年、ますます初婚平均年齢が上がってるのは皆さんご存じのこと。現代の男女の出会いは、学校/結婚相談所/会社/友達の紹介/ネット・・・など、色々な場面で出会いがあります。しかし昔はそうはいかなかったそうです。60年前の結婚事情をリサーチしてきました。


a0027_002240

さて、60年前の結婚の大多数は「お見合い」でした。
※ちなみに、60年前の「田舎」の事例をリサーチしております。
 
恋愛結婚もあったそうですが、10組に1組ぐらいの割合だったそうです。

初婚年齢は20代前半がベター。男性は2~3歳年上が基本でした。
しかし時は戦後間もない日本。適齢期の男性はすべて戦争に行き、その後捕虜などになっていたため、
男性の絶対数が足りなく結婚できない(相手が居ない)女性も多く居ました。

お見合い→結婚の方法は2パターン。
1:両家の両親と仲人。本人たちの8名で顔合わせ→結婚
2:「●●という良い人がいるけど結婚する?」→結婚

1のパターンは現在と同じですが、その後交際期間などは無く、条件があえばすぐに結婚になったそうです。
2のパターンは写真があれば良いほうで、写真もない場合が多々あり、つまりは「うわさ話レベルの情報」で結婚したそうです。

結婚式(もちろん自宅の地味婚)で初めて顔を見た後は、夜は布団を1組(または2枚をくっつけておく)準備され、
「あとは頑張れ!」と二人きりにされるのが習わしでした。
結婚初夜を終え、翌朝は、結婚式に集まった親戚一同が再度集まり、「昨夜はお疲れ様!」と宴会するそうです。

なんという強引な結婚。
というか、なにやらとっても気恥ずかしい。
その日に出会った人とベットインとは60年前は随分と積極的というか、今からは考えられない倫理観があったようです。

a0002_001195

当時は「離婚」というのは、よほどの理由がないと許されないことでした。
離婚して実家に帰った女性は、戸外へ出ることもままならなかったそうです。
なので、結婚したら色々な努力をし配偶者と上手くいくようにがんばったようです。

あと、こんなエピソードも聞けました。

長男が背も低くて顔が不細工。弟は背が高いイケメンの兄弟がいたそうです。
兄に縁談が無いため、お見合いの席では弟を代理にし、結婚式になってから兄とすりかえ、強引に結婚にまで持ち込んだとか。
騙された女性は、泣く泣く結婚…。今なら結婚詐欺で逮捕されちゃいます!

当時の人いわく、「周りもみんなそんな感じだったから、まぁ、別になんとも思わなかった。」らしいですが…。
お見合いにもちゃんと「縁」があったのかも知れません。

ライター:サク