意外に知られていないあのUIの由来

1057964_pandesal_bread
デスクトップ、ラジオボタン、パン屑…どこかで聞いたことがあるパソコンのユーザインターフェース(UI)ですが、果たして名前の由来をご存じだろうか。まさにそのままという者から、意外なものまであるわけですが、今回はそんなインターフェースの由来をまとめてみましたのでご覧いただきたい。

1.マウス

mouse20

その名の通り、ネズミのような形状からマウスに。
1961年にダグラス・エンゲルバートが発明

2.デスクトップ

dtop

パソコンの画面を机に見立て、その上にアイコンや、ウインドウが散らばるという
比喩から。

3.ドック

dock10

マウス!に対してドック!じゃ犬か?
いえいえ違います。 実は陸から船につながる橋のドック(dock)からつけられたもの。
ホットドックとも、犬とも無関係。

4.ダッシュボード

956387_odometer

予想通り、車のダッシュボードからインスパイアされたもの

5.アコーディオン

accordion1

jQueryでよく見かける、クリックすると開くメニュー。
そのまんまアコーディオンからだそうです。

6.パン屑

1057964_pandesal_bread

Webサイトのディレクトリ階層を示すナビゲーションのことなのですが
Web業界人でないとあまり使わない用語ですね。
さて、語源はヘンゼルとグレーテルが魔女から脱出する際、迷わないように
道にパンくずを置いていった、というエピソードに由来するそうだ
つまり辿っていくことにより、もと来たページへ戻れるという事です。

7.ラジオボタン

rdo

カーラジオボタンのように
1つのボタンを押すと、他の押されていたボタンが押されていない状態に戻る。
常に1つのボタンだけが押された状態になるという仕組みから来ている。

意外に身近なものから名前がつけられていた、パソコンのUI.
今後も様々なデバイスや、インターフェースが登場するたびに、面白いネーミングが
付けられていくことを考えると、ワクワクしてしまいますね。

掲載元
http://www.1stwebdesigner.com/design/user-interface-metaphor-links/

ライター:ユカワ