福島県で『耳無しうさぎ』が誕生しカワイイ!と話題に。

mimi

直ちに健康被害に及ぶレベルではない。と政府がしきりに安全だと説明してきた、放射能の人体への被害だが、ここにきて奇妙な噂が広まっている。なんと福島県浪江町で「耳の無いうさぎ」が誕生したとのことだ。これが放射能の影響なのかそれとも、ただの偶然なのかは定かではないが、本当であれば直ちに健康被害に及ぶレベルになりそうだ。



mimi2

原発事故直後に誕生したというこのウサギは浪江町津島で生まれたとされている。
もちろん今までこんなウサギが誕生したという記録は無いほどの奇形ウサギだという。
投稿者は、今はウサギだけだがそのうち人間にも及ぶのではないかと、放射能の影響を危惧している。
もちろん、このウサギが、放射能の影響であることはもちろん、本当に福島県で生まれたウサギ
であるかどうかを確認する術は無いが、もし本当であれば、極めて恐ろしい映像だ。
さて実際の映像はこちら

2ちゃんねる等のネットではこの動画について以下のようにコメントしている

・かわいい。
・さすが福島県
・糞かわいい・・真っ白なのがいいね
・この遺伝子を固定化して新しい品種にしようぜ
・別の動物みたい
・これ2008年の動画らしいねこれこそ本当のデマだな
・数年前に見た
・かわいい
・奇形のわりにかわいいな
・これはコレでアリだな、可愛い
・ありがとうさぎ
・ありがと耳無しうさぎ

カワイイというコメントもあるが、以前から出回っている動画であるというコメントも。
本当であったとしても放射能の影響であるかどうかは分からない。
やはり情報として取り入れるのはいいが、冷静な判断をしたほうがよさそうだ。

ライター:ユカワ