あるマンガ大賞の特別大賞受賞作に「パクリ」疑惑が浮上し話題に

01


18回スクウェア・エニックスマンガ大賞特別大賞受賞作である『コンプライアンス-絶対法隷都市-(松浦大貴
著)』が、第24回日本SF大賞受賞作品でもある『マルドゥック・スクランブル(冲方丁
著)』の外伝とそっくりだとして、パクリではないのかと話題になっています。

今月12日に発売された月刊少年ガンガンに特別読切として掲載された『コンプライアンス-絶対法隷都市-』。

“合
法”バトルアクションというカテゴライズで掲載された同作品は、「企業を告発した女性が、その企業によって命を狙われ、法務官の主人公1人と1匹と共に撃
退する」という内容。一方の元ネタではないかとされている外伝も「企業を告発した女性が、その企業によって命を狙われ、事件屋の主人公2人と1匹と共に撃
退する」という、これまた多少の設定の違いはあれど類似したもの。

大雑把な部分が似ているのは、これだけネタが出尽くした今ではあっても仕方ないと思えるのですが、検証により細かい部分までもが類似しているということが言われており、ネット上ではパクリ疑惑が濃厚になっています。
既に小説の一部と漫画の一部を並べて検証された画像が複数枚公開されているのですが、それを見る限りはなんでここまで類似しているのか不思議なくらいです。

 

03

02

04

パクッたとされる松浦氏のツイッターを見る限りは、ご本人はこの騒動にはまだ気づいていない様子(2011年7月14日0:50現在)。

果たして真相はどうなのでしょうか?ご本人からのコメントが待たれます。

(ライター:じょんさま)

15 COMMENTS

秒刊名無し

ここには載ってないけど他のまとめサイトとか見てみろ
設定からプロットからストーリーラインからオチまで一緒だから

秒刊名無し

マルドゥック・スクランブルはSF大賞受賞作品、メディアミックス化もしたし、作品が発表された頃は、結構話題になったのを覚えてるよ。
怖いのは、パクった側がtwitterでマルドゥックをお薦めしてたこと。
その上でプロット完全一致、台詞も一部丸被りしてるものを賞に応募したっていうのが・・・頭大丈夫か。
2ちゃんのスレでパクリ側擁護してた連中の「自分がしらなきゃマイナー作品扱い」も併せて、いくらネットが普及しても、使う人間の世界が狭いと、こういう事が起きるんだなと思ったわ。

秒刊名無し

インサイダーは普通に使うからちょっと苦しいな
まあプロット丸パクリだけど

秒刊名無し

普通に使うインサイダーは
「内部情報を持っている者」。
インサイダー取引などで使うのはこれ。
告発まで含めるのは一般的とは言えん。
これは意識して盗作したというより、
強く濃く影響を受けて
それを忘れて使っちゃったんじゃないかな。
かなり頭が残念な状態だ。

秒刊名無し

っていうか
作者変にここでパクリ認めないとこの後一生出版会で活躍できなくなるよ
だってどんな編集者だってパクリで相手側から文句きたら
責任かぶるのは作者じゃなく出版社、そして編集者。
首が飛ぶんだから。
だれだってそんな危険のある作家とは組みたくないだろ・・・。

秒刊名無し

いろんな所で見てきたが、パクリではないな。

秒刊名無し

クソ記事すぎて嫌になった。
この記事書いたライターはどっかのサイトから記事からパクってきたんだろ?
いや。参考にしたんだろ?wwww
ネットの三文ライター気取りがパクったとかエラソーに言える身分か。つーの。
 
もし、パクリとか人の揚げ足とりたかったら、自分でソース見つけたから書けや。

秒刊名無し

でもぱくりはパクリだよね
負けは負けだよね
こいつリーマンやってろ、ばーか!

秒刊名無し

本人はオマージュ的なノリなんだろうけど
端から見ればパクリだろうねえ

秒刊名無し

傍線部だけ見たら偶然だろと思ったけど、それ以外の全体的な雰囲気が似てるな。影響を受けているのは間違いなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。