中国の暑さ対策パート2『緑の海』を投入。

みどり

以前、中国の節電対策という事でクーラなしで生活をしている大学生を紹介したが、今回はもう少し一般向け。なんと、海を緑にするという全く新しい試みだ。中国では緑色をした川や沼など環境に悪影響を与えた結果の産物として緑色系の自然が紹介されるが今度はそうではなく、観賞用としてのものらしい。



場所は、中国の山東省にある街、そこで『緑の海』をおこなったということ。
素材としては意外にも天然素材でできており、おもに海藻だという。

いったいなぜ、海に大量の海藻をばら撒いて遊泳しているのか全く見当がつかないが
海藻のぬるぬる感が心地よいのか、それとも海藻に冷却作用効果でもあるのか良く判りませんが
泳いでいる人たちを見る限り、実に楽しげである。

ただ、一見すると日本の海藻とは違い、真緑に近い色合いをしており少々不気味ではあるが
多くの人々が泳いでいる様を見ると、中国ではよくある海藻なのかもしれません。

この海藻遊泳、日本でも流行る日が来るのだろうか。

みどり3みどり2
みどり

(ライター:たまちゃん)

【記事掲載元】
izismile.com

11 COMMENTS

秒刊名無し

投入ってよりも、環境汚染による何かの異常発生・・・・

秒刊名無し

たった今夕方のニュースではボランティアや海水浴客で除去作業をしているとあったが。

秒刊名無し

どこで観賞用とか聞いたんだよw
ありえねぇだろw

秒刊名無し

環境問題で毎年発生してるのになんでこんな記事になるんだか…。
悪臭ひどいらしいよ。

秒刊名無し

海苔って聞いたけどどうなんだろう
中国人は海苔は食べないのかな

秒刊名無し

何で湯川の文章ってこんなに読みづらいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。