インドの火葬場があまりにも生活に溶け込みすぎている件

13111562305925364

以前インドに行った際、撮影ができなかったがどうしても紹介したかったポイントの一つとして『火葬場』がある。日本ではわりと火葬場は、人が亡くなった時
という特別なイベントでしかお目にかかることができず、普段接する事のないシークレットな行事ですが、インドでは逆にありふれたイベントです。本当にいた
るところで火葬が行われているのだ。



06

こちらが日常生活における火葬の風景。このように川沿いで火葬を行い灰を川に流すという
スタイルが最もポピュラーです。川に灰を捨てるなんて随分投げやりだなと思うかもしれないが
川沿いで火葬ができるというのは、インド人にとって幸せなことで、火葬を行ってもらえない人も
沢山います。したがって火葬を行うためにお金を貯める人もいます。

中には、火葬用ホテルのようなものがあって、死ぬ寸前の人が死に支度を行い、死ぬのを待つという
施設まであり、インド人にとって『死』とはある意味生活の一部なのです。

なので、川沿いで死人を焼いていても『死体遺棄』や『死体損壊罪』等という法律に触れることはないのです。

07

火葬場のすぐ近くでサッカーをする少年と、奥で世間話を行う少女たち。

少女 『あのお釈迦様まだ半ナマじゃね?』『マジ?これが本当のナマステー!』

なんて会話をしているのでしょうか、冗談ではなく火葬場の近くでは野次が結構いて
まるで野球を語るように『火葬』についてウンチク垂れる人々がいるというのです。

kaso2

ご遺体がしっかり焼けたら、ドバッ!と川に流せば完了です。
手がやけて無かったり、半ナマだったりすると無残な状態で川に流れていくのは避けたい。
火葬場職人の腕が試されます。

日本では『死』というものをある意味、見えないように包み隠し世間から遠ざけています。
そうすることで、『死』の恐怖から解放されますがいつかは直面しなければならないイベントです。
宗教観の違いなのかもしれませんが、時にはふと考えるのも悪いことではないかと思います。

ちなみに、火葬場の写真は基本的にインドでは嫌がられます。
この写真はどのように撮影されたのかは分かりませんが、許可を取ったものだと思われます。
インドに行く際には、ルールマナーを守って撮影しましょう。

(ライター:ユカワ)

【記事掲載元】
http://tt.mop.com/read_9924118_1_0.html