無線LANルーターがなくてもMacで無線LANを飛ばす方法

Mac記事 トップ画像

友達が家にパソコンを持って来たとき、複数のデバイスをネットに繋ぎたい時、はたまたiPhoneをWi-Fiに繋ぎたい時。家に有線LANしかない場合、上記のようなことは残念ながら諦めざるを得ない場合が多い。しかし、あなたの手元に有線LANに繋がったMacBookがあれば、MacBookから無線LANを飛ばすことが出来るのだ。

1 まずはMacBookを有線LANに繋ぐ
まずは飛ばす側のMacBookがネットに繋がっていなければ話にならない。Ethernetでネットに接続。

2 システム環境設定→共有を開く
システム環境設定→共有 
左上のリンゴマークを押して「システム環境設定」を開き、その中の「共有」を選択。

3 インターネット共有にチェック!
インターネット共有
 
共有する接続経路をEthernetに設定、相手のコンピュータが使用するポートをAirMacに設定の上、インターネット共有を開始。これであなたのiPhoneや友達のパソコンがネットに接続出来るという寸法だ。

ただデフォルトの設定では鍵が掛かっていない無線となるため、「AirMacオプション」
からパスワードの設定をするのが無難。ただしApple以外のコンピュータが接続する場合は、40ビットのWEPキーならば5文字の、128ビットのWEPキーならば13文字のパスワードを使用する必要があることに注意。

案外知らないMacの無線LANを飛ばす機能。Macユーザーならば1度使ってみてはいかがだろうか。

(文=マグネットプレス 土屋順紀)