徳光さんネットユーザに走行距離が43.7kmと特定される

toku3

日本テレビ系『24時間テレビ34 愛は地球を救う』の今年のチャリティランナーを務める徳光和夫(70)が実際に走ったコースと走行距離が特定された。それによると実際の走行距離は43.7kmで、通常に走った場合8時間でゴールできるという割と余裕を持ったコースであることが判明、しかしテレビの公式では63kmと報告している。過去に間寛平が走ったコースアは100Kmだったことを考えると、半分以下の距離となる

toku

スタート地点となったのは、神奈川県相模原市中央区南橋本4丁目の空き地付近で、実際にネットユーザがYouTubeにその付近を撮影し徳光さんを捉えたビデオがアップされていた。

また、別のユーザは「徳光さんはいまココです」なるページを公開し、徳光さんが走っているコースをGoogleMAP上に表示していくという地道な作業をしていることも発覚。
http://imakoko.didit.jp/2011-tokumitsu/

ネットユーザの追跡情報を精査しGoogleMAPで機械的に計った走行距離を計測すると43.7km。フルマラソンより少し長い距離で、徒歩で8時間ほどかかるものの、徳光さんの年齢を考えると無難な距離なのかもしれない。ちなみに車で走行した場合、逆に距離は50キロにのびてしまうが、5時間でゴール可能。感動も糞もなさそうだ。

しかし、テレビの報告によると走行距離はは63km、誤差の20kmは不明だがオトナの事情ということもあるので番組の言う『愛の力』と理解したい。

番組ラストギリギリセーフで徳光さんは、フラフラになりつつも無事ゴールを果たし、武道館の舞台で大の字に寝そべりゴールの実感を味わって感動と共に番組は終了した。ただ、実際のコースを知ったネットユーザは『短すぎる・茶番・これはヒドイwww』と揶揄している。

そもそも障がい者を扱い感動を誘う番組自体に意味があるのか?等と番組自体の存在意義を疑問視するユーザもいるが、韓流番組を見るか、感動に涙を誘われるか、視聴者は重要な選択を迫られているのかもしれない。

<追記>
マラソン追跡されている方のTwitter情報によると、62~64km走ったとの報告もあります。
参考URL:http://twitpic.com/69gkz2

【走ったコース】
GoogleMAP
【ネットユーザの動画】
http://www.youtube.com/watch?v=sGKFPoSuuNg

(ライター:たまちゃん)