老人が立っていながら優先席を譲らないカップルが話題に

png

80代近い老人が横で立っていながらも、優先席を譲らないカップルが話題となっている。電車の優先席と言えば、できることであれば席を空けておきたいと言うのがマナー。混んでいる場合は老人や妊婦を確認した時点で席を譲りたいところだが、こちらのカップルはどうやら彼らの世界に入り過ぎて横にいる老人に気付かないようです。


png

老人が電車の中で必死に棒につかまっている。どうやら車内は満席のようで老人が座る場所はなさそうだ。左の席も、カップルが座っており、譲る気配が無い。

しかしちょっと待ってください、カップルが座っている席はなんと体の不自由な方や、ご老人に対する『優先席』。該当者がいないのであればまだしも、真横で老人が立っていながら譲らないというのは、椅子だけに根性が据わっている。

彼らからすれば逆に『なぜ我々だけが冷たい視線を浴びなければならないのか』という気持ちだろうか、それとも根本的に気付いていないのかは判らないが、彼らの行為に多くの批判が集中しております。

―海外の反応

・道徳が無さ過ぎる
・ため息が出るわ
・悲しいことだ
・社会が台無しになった
・こんな彼氏わかれてしまえ
・国として終わっている
・老人がいかにも座りたそうだろう
・上海の不名誉
・彼らの目は節穴なのか
・女を抱擁しないで御爺さんを抱擁しろ
・老人を敬う必要はあるのか
・他の国では優先席なんてありません。作る必要が無いから

高齢者に席を譲るという道徳がしっかりできている国ははたしてどれぐらいあるのだろうか、そもそも国レベルで換算するのは難しいのかもしれない、やはり個人の問題なのだろうか。

【記事掲載元】
http://tt.mop.com/read_10593238_1_0.html

(ライター:たまちゃん)