一家に一台?ハチミツ製造。エコ生活の提案

honnry 2

この商品、今後次世代の ”一家に一台”になるだろうか? この壁掛けの奇妙なもの 外側のモノには花が活けてある。もう一対には エイリアンの頭のような飴色の「何か」が入ってあり、美女が紐をひっぱっている。さて、この奇妙な物体はいったい何であると言えるのか。


実はこれ 家庭用の「ミツバチの巣箱」である。
この紐を引っ張れば いつでも新鮮は蜂蜜を堪能できるという仕組みなのだが そればかりじゃない。
洗練されたデザインと裏腹に少し 本体がでか過ぎやしないか?

 honnry

それもそのはず。蜂の巣一個丸ごとドーンと入ってしまっている。この迫力・・・・少し身震いしてしまいそうだ。

honry 3
(画像)

丸ごとの巣に加え更に蜂、投入。これで46時中仕事をしてくれているという訳だ。

この商品開発に携わった ヴァン氏とジャック氏のコンセプトはスバリ「エコ」
働き蜂セットの「巣箱」を各家庭で飼う事で新鮮な蜂蜜を得られると共に 市場で購入するよりも確実にエネルギーを削減出来るとの訴え。

なるほど。蜂蜜大量消費国ではない日本。
蜂蜜以外で考えて欲しかったものである。

ライターSKKC

[記事参照] http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2067171/Will-home-owners-swarm-idea-Get-freshest-honey-wall-mounted-urban-bee-hive.html

7 COMMENTS

秒刊名無し

1ゲット
欲しいけどいくらすんの?

秒刊名無し

だが蜂蜜一回取るごとに三回くらい刺されるんだろ

秒刊名無し

ここで湯川の出番ですよ。湯川さん、スズメバチの巣から蜂蜜採ってきて。
大丈夫、できますよ。あなたなら。

秒刊名無し

いつでも新鮮は
スバリ
もう誤字つっこむのもあきた

秒刊名無し

そこでハチを飼育するんだろ、想像してみれば売れないものと判るだろうに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。