半信半疑で見ると涙腺崩壊するタイのCMがTwitterで話題に

tai

わたしの声が聞こえたら・・・。彼女のお父さんは耳が聞こえずそれをコンプレックスにした少女が、様々ないじめや苦難を抱え、最終的に下した決断はあまりにも残酷なものだった。そんな話のCMがタイで放映され日本でもTwitterなどを通じ『涙腺崩壊する』などと反響を得ている。娘を持つ父親ならなおさら感動してしまうこのCMを是非見ていただきたい。


titi
rou
(画像)

『ふつうのお父さんが欲しかった・・・』彼女の父親は生まれつき耳が聞こえず、手話で彼女と話すしかない。その影響で彼女は学校でいじめを受けてしまい、思いつめてしまう。耳が聞こえない、いじめをうける。そんな苦悩をかかえる女子高生はこの世に何人いるだろうか、その何人かの一人に当ってしまった彼女は、人生を攻め、父親を責め、自分を責める。

『ふつうのお父さんであれば・・・』そんな彼女のストレスは極限まで達し、ある決断をする。あまりにも悲しく、残酷な決断だ。彼女はお父さんを責めつつも、何もできない自分に嫌気がさしそのような結果を招いてしまったのかもしれない。

このCMはタイの保険会社のCMですが、保険という枠を超えた父と娘の壮絶なる愛のストーリーが涙を誘いまう。悪く言えば『保険関係ないじゃん』という突っ込みも入れることはできますが、そこは今回大目に見ていただきたい。

という事で感動的な動画はこちらからご覧ください。

【動画】
http://youtu.be/WEe9Z0YagOA

【関連記事】
初めて自分の顔を見たロボット『キュビオ』が感動的過ぎる