かっぱ巻きの概念崩壊!『メガかっぱ巻き』がロシアで完成!日本完敗

thelongestrollphotos-1

この世のものとは思えないほど長いかっぱ巻きがロシアで完成しました。そもそもなぜロシアでカッパ巻きなのか?という疑問はさておき、このかっぱ巻きの長さが恐ろしく長い。何センチ?いや、何メートル?いやいやそういう次元ではないようです。なんと2.5キロメートルのかっぱ巻きです。いったいどのような仕組みになっていると言うのか。


thelongestrollphotos-2
(画像)

はい。こちらがのかっぱ巻きです。と言っても誰が信じるであろうか。そもそもカッパ巻きというよりも、何か長いゴム製の縄にしか見えないわけですが、これが実は正真正銘のかっぱ巻きだと言うから驚き。ロシアのかっぱ巻きは日本より長いですね。というレベルではない。長過ぎる。その距離なんと2.5キロメートル。縦に垂らせば日本の山脈並の標高を誇る高さ。

エカテリンブルクにある、寿司レストランが企画したこのかっぱ巻きは60人の板前が、お米1.5トンキュウリ500キロ海苔14万枚ゴマ25キロで作り上げたとんでもない化け物カッパ巻きだ。

このあまりにも大き過ぎるカッパ巻きに会場に来た人のドン引きした表情が実に面白い。
恐らく写真で見るより現場の実物のほうが迫力があるのであろう。
写真を見る限り、最後は会場の人々が食べたのであろうが、そもそもロシアの人がカッパ巻きを食べるのであろうか、その点が非常に疑問だ。ちなみに日本では恵方巻きなど、縁起を担ぐ意味で巻物を食べるが、ロシアでも同じような意味合いがあるのかもしれない。

【記事参照】
The Longest Roll In The World | English Russia

thelongestrollphotos-6
thelongestrollphotos-1
thelongestrollphotos-5
thelongestrollphotos-8

【関連記事】
ロシアの携帯ショップがまるでキャバクラみたいでヒドイ。

(ライター:たまちゃん)