『大きなお友達用カレー』の販売価格があまりにもひどいと話題に

milky

「Project MILKY HOLMES」として2009年より始動している「ミルキィホームズ」。
近未来の世界「偵都ヨコハマ」を舞台とし、トイズと呼ばれる特殊能力を持った「探偵」と「怪盗」の戦いの日々?を描いた同コンテンツは、アニメ・ゲーム・ユニットなど様々なメディアミックスで人気を博しているのですが、先日予約を開始した関連商品の販売の仕方があまりにもひどいと話題になっています。

milky

話題となっているのは、2012年6月に発売予定の『探偵オペラ ミルキィホームズ ダメダメ生活具なしカレー』。

こちらは、具なしカレー1個とブロマイドが1枚入っているという商品なのですが、実はこれ、現時点でカートン箱(20個入り)での販売のみとなっているのです。

キャラアイテムが入っているとはいえ所詮カレー。20個入りでも大した値段じゃないだろうと思われる方もいるでしょうが、とんでもない。こちらの商品はなんと、20個入で定価が16,800円となっているのです。

ということは、単純計算で1個あたり840円。いくらキャラクターコラボ商品としても高すぎで、明らかな大きなお友達をターゲットとした商品。

ネット上では、この価格設定に対して

・客をナメ過ぎ
・値段がおかしい
・問題は20個セットにしちゃったこと
・何というボッタクリ
・イカ娘カレーは500円だったでゲソ
・流石に店頭でのバラ売りもあると信じたい
・5000円でも高い
・ミルキィならカレーよりシチューのイメージ 
・エイプリルフールネタとかじゃなくって?

と、流石にいくらなんでもありえないだろうという声が挙がっている。
 
確かに他の同種の商品を見ても、キャラクターパッケージ仕様でカードが一枚封入されて525円(税込)というものが主流のようですが、こちらは具なしにするためひたすら煮込んだことでコストが掛かったのか、それとも厳選されたスパイスがふんだんに用いられたためコストが上がったのか。

特典のブロマイドも、全六種類よりランダムに封入とあまり点数が多くないことなどから、ファンからは「描き下ろしのイラストならまだしも、既にどこかで見た絵柄だけなら購買意欲も薄れる…」と厳しい意見も寄せられています。

さて、皆さんはこの商品、カートン箱と1個箱どちらなら買っても良いと思いますか?

【関連記事】

プリキュアの対象年齢はガチで20代~30代の大きなお友達だったことが発覚

(ライター:Yohko Kitashima)

9 COMMENTS

秒刊名無し

値段間違えてるのかと思った

秒刊名無し

肝オタビジネスは金になるからな

秒刊名無し

★ブランドコピー財布激安
こんにちは
当店の商品を買います
合計3~5万円は3%引き
合計5~10万円は4%引き
合計10万-20円7%引き.
合計20万円以上は10%引き
信用第一、良い品質、低価格は、商品は絶対の自信が御座います。
品質保証:15日以内の品質問題は交換することができる
よろしくお願いします
http://www.lscopy.com

秒刊名無し

これは流石に、オタでも食い付かないレベル

尊皇倒奸

一箱100円がいいとこなんじゃない。

秒刊名無し

20個もレトルトカレーを一度に購入したことなどないぞ。
社内で、おろし業者向けパックと小売用パックを混同して商品作っちゃったんじゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。