元2ちゃんねる管理人「ひろゆき」運営関与を認める

w3c

元2ちゃんねる管理人である「西村博之」氏がご自身のブログで「2ちゃんねるに纏わる昨今の出来事について」の記事を投稿しており、文面から運営関与を認める発言をしたことが話題になっている。西村氏は、2ちゃんねるを、シンガポールの企業「パケットモンスター」に運営権限を委譲し、実質、西村氏運営していないことになっていた。


西村氏はご自身のブログで
おいらが知ってる警察から送られたeメールの削除依頼は2通です。
その他、封書やはがきなどは、送られていません。
その2通に関する書き込みは、削除済みです。

と発表。警察から削除依頼が来ている件と、削除をした件を認めた。
削除をしたということは、実質、運営権限があり、運営関与を認めていることになる。
つまり、シンガポールの企業「パケットモンスター」に委譲したという2009年の発表は俄かに怪しくなってきた。
そもそも「パケットモンスター」が存在するかどうかも不明だ。ネットでは訴訟逃れの為のペーパーカンパニーではないのかと揶揄されている。

2ch委譲時の発表
2ch譲渡 : ひろゆき@オープンSNS

もし、運営関与が正式に認められるとこれはたいへんなことだ。現在問題となっている麻薬特例法違反について、代表者である西村氏に矛先が向けられることは必至となり、最悪逮捕ということにもなる。

削除依頼の有無、運営関与の有無。警察側と2ちゃんねる側の発言の食い違いがこの後どのような展開するのかに注目が集まりそうだ。

博之氏のブログ
http://hiro.asks.jp/85110.html

国家権力による2ちゃん閉鎖へのカウントダウン。匿名時代の終了か。

(ライター:たまちゃん)