気象予報士『金還日食はまたの機会に・・・』全国で曇りの予報

fwqf

いよいよ明日に迫った金還日食ですが、お天気のほうがあまり芳しくないようです。雨こそ降らないものの、全国的に曇りの予報、確実に観測できるのが北海道、東北地方で、関東から東海にかけては薄曇り。金還日食を観測するにはまさしく雲行きが怪しくなってきた。気象予報士によると、見れないことも無いそうだが、次回の、今度の金星が横切っていく日面経過に期待したいと言う事だ。



520
画像

天気予報によると、薄曇ということだが、薄曇りの太陽がどのようなものか、実際に本日の朝うすぐ森の太陽の状態を撮影してみたのでご確認いただきたいが、確かに雲が邪魔をして、輪郭を捉えることは通常時に比べ難しいが、割と見ることは可能だ。

ただ、撮影するとなると少し厄介で雲がかかったりピントが合わなかったりと、非常にシビアなタイミングを要する可能性がある。また曇りだからといって安心してそのままシャッターを切るのは非常に危険なので辞めていただきたい。このようなフィルターを通してでさえも、目が痛くなるほどだ。

さて、確実に見れるポイントとしては、東北・北海道になりそうだが、実はそちらの地方は日食は観測できても部分日食になる。つまり金還日食は観測できないのだ。結論からすると、確実に金還日食を見ることができる地点はほぼ無い。かろうじて関東地方のごくわずかなポイントであれば見れる可能性はあるが、気象予報士によると

来月6日には、またまた貴重な天体ショーの機会があります。 太陽の前面を金星が横切っていく日面経過(太陽面通過)が起こります。

と、金還日食は残念な結果になるかもしれないが、次回の天体ショーに期待を寄せてほしいということだ。

-続報

jw

-22:30更新

★静岡県西部に太陽が差し込むとの最新情報

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-4678.html