市議会議員『庭山由紀 』Twitterで炎上マーケティング『汚染地区の献血は要らない』

wfqwq

市議会議員庭山由紀さんのツイートが物議を醸している。事の発端は『献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?』と言うツイートだ。桐生市の瓦礫受け入れについて、皮肉めいたツイートをしたところ、多くのユーザにリツイートされ「議員らしくない」と炎上。しかし庭山は『議員も人だ』と反論している。


dwqdqwf

献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?

問題のツイートは、献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか? という、桐生市の瓦礫受け入れに対する皮肉めいたツイート。市議会議員でありながら、斬新なツイートではあるが、案の定『議員らしくない』『とても市会議員の吐く言葉じゃないよ。』『議員なのに最低なこといってる』と題バッシングを浴び炎上。


かし庭山は、あろうことかそれらユーザに対し『議員も人なり』『あんたたち、議員をなんだと思ってるの』『あーそー。』などと、反論。議員らしからぬ発言
が、更なる燃料となりTwitterには反論ツイートが殺到するなど炎上状態に発展。結果的に庭山のフォロワーが大増殖する形となり、本人はまんざらでも
ない様子だ。

しまいには【拡散希望】桐生市の瓦礫受け入れに反対の方は庭山まで連絡ください。と電話番号まで乗せると言う暴挙に躍り出た。


裏の無い性格だとはいえ、議員である以上、節度を守ったツイートをしてほしいというのが市民の願いではあるが、逆にそれが庭山のやり方なのかもしれない。
プロフィールでは群馬県桐生市で市議会議員、2期目。デタラメ地方議会を代表すると言っても過言ではない桐生市議会の中で、内部告発ブログやチラシをばら
まき、孤軍奮闘中と記載がある。

(ライター:たまちゃん)