アンパンマンの体は何で出来ている?公式が驚愕の解答

dwd

毎回奇想天外な質問と答えを繰り出す、アンパンマン公式サイトのQ&Aに、また新たな質問と答えが投稿された。質問によると『アンパンマンの身体は何で出来てるのですか?』と言う質問だ。単純に考えれば『アンパン!』とこたえたいところだが、どうやらアンパンは顔のみで体自体は別の素材で作られている可能性が高くなった。



dwd

A.
アンパンマンは生まれた時から服を着ていました。誰も身体を見たことがないので、何でできているのかはわからないのです。何でできていると思いますか?

なんとアンパンマンの素材は、判らないと言う。『アンパン』じゃないのか!と言いたいところだがそうではないらしい。

アンパンマンはご察しのとおりジャムおじさんが作成したパンだ。当時ジャムおじさんは新作のパンに『何かが足りないんだが、わしが作りたいのは世界の何処にもない特別なパン、心を持ったパン』とつぶやいており新作のパン作りに悩んでいたが、とりあえずパンを釜戸にセットし夜を迎えた。

しかし空から星が降り注ぎ、パン工場の釜戸に落下。焼き途中だったアンパンと流れ星が特殊な合成反応を起こし、アンパンマンが誕生した。後にこの星を『いのちのほし』と名付け、映画『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌 』の中で、アンパンマンの体の中にあるいのちのほしが輝いていることで、『生きる』事ができるとの説明があった。

つまり、何でできているかは判らないが『いのちのほし』が体の中に入っているという事は確かだ。

ちなみにアンパンマンは、生きるために食事もしないが、頭のアンコをエネルギー源として動作しているようだ。従ってアンコがへると動けなくなるのはこの影響。

アンパンマンQ&Aにはこの他にも興味深い質問と回答が揃っているので興味があれば見ていただきたい。

http://anpanman.jp/sekai/qanda/030.html