これは必見!料理を美味しそうに撮影する驚くべきテクニック集

soude

メニューの料理写真は凄く美味しそうなのに、実際に品が届くと残念な気持ちになることはよくあることだ。もちろん、撮影用に美味しく撮影したのだから仕方が無いと片付けてしまいがちだが、いったいどのようなテクニックで撮影しているのか、そこには料理が上手でなくとも簡単に料理をおいしく魅せるテクニックと言う者が存在した。さっそく紹介したい。


amazing_food_tips_and_tricks_640_05
画像

ボリューミーなサンドイッチを撮影したい。

サンドイッチを美味しく魅せるテクニック。普段、ハムやチーズをそのままの形状で配置してしまいがちだが、それはあまりよろしくない。無駄なスペースが生まれ、それによりボリューム感が損なわれる。かといって撮影用にボリュームアップしてしまうと「詐欺だ」ということになるので、パンの形状とハムの形状をうまく切り貼りして、無駄なスペースを出さないように配置すれば、撮影時にボリューミーなサンドイッチが撮影できるはずだ。
 
amazing_food_tips_and_tricks_640_high_15
画像

コーンを奇麗にはがしたい。

コーンはかぶり付けば、それなりに咀嚼することができるが、そのあとの光景が美しくない。テレビCMのような奇麗なコーンを一度でいいから食べてみたい。そう言う方は写真のようにナイフで上からら下にザクザクと切り落とすと、美しくはがれる。写真ではバンドケーキ用のナイフを使っているが、包丁でも可能だ。

amazing_food_tips_and_tricks_640_high_11
画像

ケーキを奇麗にカットしたい

出ました!一番多くある悩み「ケーキが奇麗に切れない」なるほど、確かにケーキは広告写真のように美しい切り口で着ることができず、ナイフとスポンジがグニャッとなって、ケーキ全体が崩壊してしまうと言う大変みすぼらしいケーキになりがちだ。うちうちのお誕生日会や、自分で食べるなどの場合はよいが、お客に出す場合は奇麗にカットしたい。

そんなときは、写真のように釣り糸やデンタルフロスで切るとよい。紐はナイフよりも表面積が狭いため、圧力が集中しより切れ味が良くなるほか、ケーキ全体への重圧も抑えることができる。結果奇麗にカットできるという訳だ。

本日はとても勉強になりましたね、この方法意外のテクニックは下記サイトにも掲載されておりますので是非参考にしていただきたい。しかし結局最後に食べるのであれば、特に奇麗でなくてもいいのだが、もちろん撮影用と言う前提で考えてほしい。

記事参照
http://izismile.com/2012/08/08/amazing_food_tips_and_tricks_18_pics_1_video.html

(ライター:たまちゃん)

14 COMMENTS

秒刊名無し

カメラのテクニックじゃないのか、残念

秒刊名無し

まったく意味がないのが残念

秒刊名無し

まだ閉鎖しないのが、残念・・・

秒刊名無し

何が言いたいの?
こんな意味が無いこと書いて恥ずかしくないの?
馬鹿だね。

秒刊名無し

なんだろ、相対的に生きててよかったと思えるわ。たま見てたら。

秒刊名無し

これは結構いいなって思った俺のにコメント欄で疎外された気分。
これもたまちゃんが説得力弱いせいだ!

秒刊名無し

どこが撮影テクニックなんだよクソが。

秒刊名無し

糸つかって切る方法は当たり前だし
コーンなんて一番美味しい食べ方台無しにしてるし・・・

秒刊名無し

なんだこのクソ記事
表題から読者が期待する、一般性のある撮影テクニックが一切載ってない
よくこれで必見とかひざけたもんだな?

とや ひろし8057

すみか。そういう意味で、寿司の葉みたいなのは意味があるんだな。
バランと呼ばれるらしい。
あんなものを入れないほうが、すっきりして良いと感じていた。
人生でも埋まっていることが大切だからな。
風穴があいていると、弥勒のように七宝にまで手を出したり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。