竹島の歴史を口語体にしたまとめが判りやすいとTwitterで話題に

takesima
竹島問題で揺れる日本と韓国ですが、日本は日本なりの言い分があり韓国は韓国の言い分がある。お互いがお互いの価値観や先入観で主張するあまり、どちらが正しいのかは実は明確に判っていない部分もあり、それが現在までもめている理由となっております。ではいったいどのような経緯で昨今の問題に発展したのか。


takesima

今回Twitterで話題になっているのは、竹島の歴史を判り易く口語体に言い換えまとめた物。
もちろんすべてが正しいという証拠はどこにもないが、竹島における歴史について判り易く知ることはできるだろう。さて、いったいどのような経緯で現在に至っているのか。

引用元
https://twitter.com/Yc_Kz/status/237012358764036096/photo/1
米「よーし日本、持ち物はいったんすべて置け」(1945年ポツダム宣言)
韓国「チャンス!あの島欲しいなぁ・・・」
米「竹島は日本の領土だからダメだよ」(1951年ラスク書簡)
米「竹島は日本のものとする!この約束は来年の4月28日から有効ね!」(1951年サンフランシスコ講和条約)
韓国「やば!日本のものになっちゃう!あの島は韓国のものでーす!てへぺろ」(1952年李承晩ライン)
日本「ええええ。こっちは江戸時代から渡航許可(1656年)出してたし、そっちは地図にも載ってなかったじゃん!」
韓国「いや、この地図に島書いてあるでしょ」(1530年八道総図)
日本「方角もサイズも全然違うじゃん・・・」
韓国「いや、この本に『天気がいいと島が見える』って書いてあるでしょ」
日本「その『島』は前に鬱陵島だって自分で言ってたじゃん・・・」(1694年)
韓国「うるさーい!盗人め!だまれだまれ!これは俺のもんだー!」
日本「もめごとがあったら喧嘩じゃなくて、話し合いで解決しようって決めたよね?」(1965年日韓国交正常化)
韓国「いや、これもめごとじゃない!」
日本「もめてるでしょw確実にwうちのものだから名前シール貼らせてね」
韓国「近づくな!近づくと殴るぞ!盗人め!」(軍事占拠)
日本「はいはい・・・こっちが盗人なのね・・・。わかったから、警察行こう?」
韓国「やだ!」 ←今ここ

もちろん韓国側からすれば「それは違う」と言う部分もあるのかと思うが、歴史をざっと知る上では非常に分かりやすい内容ではなかろうか。もちろんもう少し踏み込んで実際どうなのかと気になる方は、図書館などでじっくり調べるのが良いだろう。

このまとめについてTwitterでは

・バカなわたしでもわかったw
・ 子供にもわかりやすいですね
・オモロイ
・最悪や、最悪。
・ 爆笑wわかりやすいw
・なる。元々は初代韓国大統領が勝手に作った国境の認識でいた。
・ワロタ
・ 福本キャラなら「落ちてる金ならそりゃ拾うさ」って言うな。
・ めっちゃわかりやすっ

等と好評のようだ。
よく理解できたところで、竹島問題は依然解決しないままであることは確かだ。
竹島問題・尖閣問題・北方領土と、島国である日本が意外にも領土問題に悩まされているのは、謙虚でおしとやかな日本人の性格から起因するのだろうか。

(ライター:たまちゃん)