auに続きソフトバンクも挑発的な看板を作成していると話題に

wqff

LTEの繋がりやすさを、あからさまにアピールしたポップを作成して話題を呼んでいたauショップですが、実はソフトバンクも同じように相手を挑発するような看板を作っていた事が発覚した。しかもなんとなくではなく、ダイレクトにauを名指しで否定、あまりのあからさまなやり口にネットでは「これはひどい」と大きな反響を得ているようだ。


wdw
画像
iAlY8
画像

auに続いてソフトバンクも『au卒業式会場』なる挑発的な看板を作成。どうやらこちらのショップではauのユーザに対して相当の優遇措置がとられているようで、32,880円もお得になると言ううたい文句でお客を釣っているようだ。この金額が、この店独自なのかそれともプランを組み合わせることによりその金額お得になるのかは不明だが、お得になることは十分に伝わった。

やはりauもソフトバンクも同じ機種であるiPhoneで消費者がどれだけ得をするかが現状分かりにくい。auがよいのか、ソフトバンクが良いのか揺れているはずだ。両者の料金プランもイマイチ分かりにくいし、繋がりやすさも首都圏と地方では全く違う。

すなわちユーザが揺れているこの時こそ、いかにして契約へと結び付けるかが肝となる。だからこそ多少手段を選ばず是が非でも顧客を得たいところだが、行きすぎたこの方法で消費者は意図した方向に傾くのだろうか。

ネットでは『これはないわぁ 』『これはひどい』『auもソフトバンクも目くそ鼻くそ』などと笑いのネタにしている。
ただし、万が一このようにネットで話題になることを目論んでいたとすれば大成功である。

(ライター:たまちゃん)