世界の7つの真実コピペが『イラッ』とくるとネットで話題に

aqsd

世界の7つの真実というコピペがネットで話題になって怒涛のごとく転載されている。何故転載されているのかは全てのコピペを呼んでみると判るのだが、その時点である人は「なるほど」と感じ、あるひとは「イラッ」と無性に腹が立ってくるのかもしれない。結局7つの真実とはいったい何を意味するのか、さっそくその真実について詳しく見ていただきたい。


qwfw
画像

さてこちらが7つの真実だ。1.眼には石鹸を入れることはできない、これについては良く考えれば当たり前である。「目に石鹸が入った!」そんなことはない目には石鹸は入れれないのだ。言うならば石鹸液が目に入ったと言うのが正しい、と言いたいはず。

あたま切った「髪切った」と同じような言いまわしである。2番も同様に髪の毛の本数を数えることはできない。言うならば髪の毛は1本だ。本来言いたいことは頭に生えた髪の毛の本数だが、こちらは数えることが出来る。ちなみに約10万本生えているそうだ。

さて3番以降は以下を読んでいただきたい。

1. 目には石けんを入れることはできない。
2. 髪の毛の本数を数えることはできない。
3. 舌を出したままで鼻からは息をできない。
4. ちょうど3を試したでしょ。
5. 3を試したとき、実はできる、と分かっただろうけれど、その時あなたは犬みたいに見えてたはず。
6. あなたはだまされたと思ってちょうど今笑ってるはず。
7. 悔しいから仕返しにこのレスをコピペ。

ということで、上記コピペがネット掲示板やTwitterで「カナリ悔しい」「イラッとした」「なるほどなと思った」として拡散している。

しかしこの時点では皆様は残念ながら「7つの真実」を実感できていない。
なぜならもし『7つの真実』を成立させるのであれば、7つ目を実行しなければならないからだ。

(ライター:たまちゃん)

16 COMMENTS

秒刊名無し

たま公って、人をイラッとさせる天才だよね(褒め言葉
だから、早くしなの鉄道の件で濡れ衣着せようとした人に謝罪しようね。

秒刊名無し

3は嘘だと文章も認めているのだから、
7つの真実ではないと思うのですが。

秒刊名無し

秒刊Sundayが『イラッ』とくるとネットで話題に

これ昔からあるよ。違うバージョンだけど。しかもオリジナルのほうが完成度が高いと思う。舌で歯を全部触れることはできない、ってやつ。

秒刊名無し

この記事が日本語でおkなところが一番イラッとくる

秒刊名無し

あー。舌で全ての歯に触れられない奴のパクリね。
5年前くらいに見たわ。
バカッターは本当に過去に生きてるな。
生きる化石だわ。

たま信者

たまはおしごとでいそがしいから、さいしんのネタをみつけられないときのために「ストック」をよういして、それをつないでこうしんひんどをたもってるんだよ。
こういうネタは、ネットをいっぱいしてるひとにはふるいとかんじるかもしれないけど、しらないひともいっぱいいるよ。
だからかれはふるいネタでもだいじょうぶだとふんで、このようなほかのサイトではふるすぎてのせるのがはずかしいがぞうでもへいきでしょうかいできるよ。
たまはすごいせいしんりょくのもちぬしだから、ひぼうちゅうちょう、えんじょうとうのトラブルにはめっぽうつよいよ。
ゆいいつのけってんは、ネタえらびのセンスがないこと、モラルがないこと、ぶんしょうのうりょくがしょうがくせいレベルなことくらい。
ほんとにささいなことだから、まったくもんだいないよ。

見返る

名君吉良の放った隠密/産業スパイ説のNHK歴史物‥
姫路池田藩伝に
7人のサムライが都等を組んでうっとうしいのでバラバラにして虐殺/陣無さん以来の天皇陛下万歳の宮作りetc‥の歴史ではどっちが下戸苦情か知らんが
工兵部隊内匠頭藩主打ち首領民皆殺しの藩士等追放劇‥同志社大今出川キャンパス辺が右翼勤王派発祥地
兵庫県神社史には室町時代にさかのぼって守護攻撃しての国取り物語‥

名無し

知ってたわー
数年前から知ってたわー

秒刊名無し

いつのコピペだよ・・・かなり前からあるだろ。しかも超有名

秒刊名無し

何個か読んでみたがライターの日本語力なさすぎだろ
こんなのがネットにあること自体イラっとする

秒刊名無し

ていうか3番が嘘なんだから真実じゃないだろ

和太鼓

Obstetrician Vitalia is hooked on it martial arts, meditation. And finally, the thing that she value most is checking out and making your way to different locations and foreign territories as an example, to Italy.
和太鼓 http://www.ubseoul.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。