我々が日々感謝しなければならない『命知らず』の発明家

Thomas-Andrews

今回は少しマニアックなお話だ、発明家と言えば数多くの偉人が今まで世に排出されその功績と共に亡くなっているのだが、実はその発明によって命を落とした命知らずの発明家がいることをご存じだろうか。しかも割と身近な発明により命を落としているという事で、彼らがいるおかげで我々の生活が豊かになっていると言っても過言ではない。


Alexander-Bogdanov
画像

アレクサンドルボグダーノフ 氏。輸血の実験・開発を行っていた。しかし彼はその輸血で皮肉にも命を落としてしまったという。理由は違う血液型の血を輸血したからだと言う。今でいえば当たり前だろう、と思うのかもしれないが、当時の医療では違う血液型を入れることで死ぬほどの拒絶反応を示すとは思ってもいなかったのだろう。

-and-Louis-Slotin
画像

ハリー・K・ダリアンJrによる人類初の臨界事故である。事故はプルトニウムの球体の上に即座に核分裂を引き起こす為のレンガをあやまって落とし放射線被ばくを起こし死亡。被ばく量は5.1シーベルトだと言う。臨界事故は今も昔も同じように人間の操作ミスによって発生しているようだ。

William-Nelson
画像

原動機付自転車の仕組みを考案したウィリアム・ネルソン。試作品のバイクで試験走行していた際に転げ落ち即死。人類初のバイク事故だ。

Henry-Smolinski
画像

ヘンリー・スモリンスキー。空飛ぶ車を開発した。しかし実用ではなく、映画「007 黄金銃を持つ男」にで利用する為のテスト飛行だったという。ただ今の時点で空飛ぶ車は実用化されていないのは周知の事実。

Thomas-Andrews
画像

造船家である彼は、彼の製造した船と共に海に沈んだ。
その船の名前は「タイタニック」

なかなか興味深い発明家ばかりですが、意外にもその発明によって命を落としているという事はあまり知られておりません、そもそもその技術に死を覚悟した実験が執り行われていたという事は衝撃的な事実だ。もう少し詳しく知りたい方はこちらのアドレスからどうぞ。

http://walyou.com/inventors-killed-by-their-inventions/

(ライター:たまちゃん)

9 COMMENTS

秒刊名無し

お前の知識と翻訳力(翻訳サイト)じゃこの程度だな。

秒刊名無し

輩出だろ
排出て・・・偉人たちに失礼すぎないか

通りすがりのペロリスト

凄い発明ばっかりだなぁ。
でも勿体ない、何事も「いい加減」がいいって感じかね。

秒刊名無し

誰か第一原発の排出を止めてくれよ。

匿名

彼らはやりたい様にやっただけだし
我々はそのおこぼれに預かるクズやぞ
クズに感謝されて喜ぶアホがいるかよ

匿名

死人が喜ぶとでも思ってるの?

秒刊名無し

二人を除いて他は発明家ではない件

秒刊名無し

空飛ぶ車はあるよね
何年か前にアメリカで発売されたって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。