【残念なお知らせ】Googleストリートビューの車が職質を受ける

stv

残念なお知らせだ。日本におけるグーグルストリートビューの車が警察に職務質問を受けているとネットで話題になっている。ストリートビューは家にいながら世界中の町や文化的建造物を立体的に見ることが出来る素晴らしいシステムだが反面プライバシーの侵害として度々問題となっている。しかし今回のトラブルはそれ以前の問題がありそうだ。ストリートビューが警察に職務質問をされてしまうと言う事は今後ストリートビューが更新されなくなる恐れもあり利用者としては非常に残念な事実だ。

ストリートビューの車「スバルインプレッサ」が職務質問を受けている様子。車のボディには思いっきりストリートビューと記載されており分かりやすい。万が一映りたくない場合はこの車から立ち去るという選択肢もあるし、逆に映り込みたい方は率先して車に対してピースサインをおくるべし。

ところが何故かこの車が職務質問を受けると言う珍事態。しかも日本国内ということもあり厄介な事件だ。積載量の問題なのか、それともカメラの搭載が問題があるのか、はたまた違法駐車か。様々な憶測が飛び交うが正確な理由は不明だ。

もしこのシステム自体に問題があると感じた警察が職務質問をしたのであれば、日本のIT技術はいつまでたっても成長せずガラパゴス化をたどる一方だ。単なる注意と言うことであれば問題ないが、Twitterのユーザは警察に対して冷ややかな目を向けている。

―Twitterの反応
・日本の警察は最低だね。
・スバル、インプレッサだな。
・笑えるwwww
・てか、今のGoogleの車ってインプレッサSPORTなの!?
・コレがGoogleMAPを作ってる車か!
・ちょ! 家の近所だっ!
・GoogleMapは正しく使えば便利でありがたいものだけど、悪用するために利用される危険性もあるため要注意な部分もある。
・何をしてたんやGoogle
・え、積載物がNGなの?
・何で怒られたんだろ?
・昨日は渋谷のタイムズに大人しく駐車していたよ。
・Googleの車さん路駐でもしたんかな

逆に一生に一度のチャンスなので映ってみたいと思うのは間違いだろうか。

(ライター:たまちゃん)