うわっ…ハワイの海底はゴミだらけであることが判明

article-0-1A8595D3000005DC-654_634x434

 環境問題が取りざたされている近年。専門家だけではなく 一般の人達にも広く認知され、環境問題、ごみ問題に取り組むボランティア団体も多くなってきました。その一方で普段の生活から離れてみるとリゾート地やイベント会場は ゴミだらけ。なんて悲しい現状も。今回のリサーチで世界のリゾート地ハワイ、カルフォルニア沿岸の海底に驚くほどのゴミが蓄積していた事が判明。こんな深いところに こんな物が・・・・?!


article-0-1A8595E7000005DC-444_634x354
<画像>

今回調査されたのは上の図の通り、太平洋沿岸 カルフォルニア沿いとハワイ沖の海底だ。 これだけの広範囲を、しかも深海約4キロまで潜っての調査となった。調査員が驚いたのは どこもかしこも海底がゴミだらけ。カルフォルニア沿岸海底だけでも軽く1150個ものガラクタが散りばめられていた。
article-0-1A85E471000005DC-133_634x431
<画像>

潜れば潜るほど 目につくガラクタの数々。その3割はプラスチック製品。約2割はジュース缶を含むメタル製品。中には大きなドラム缶が横たわる場面も。光が届かない海底では分解されるまで 数百年かかると言われている。 

article-0-1A8595FB000005DC-143_634x448
<画像>

article-0-1A85960F000005DC-389_634x424
<画像>
海底に椅子・・・・。何故この場所に椅子が・・・流されてしまったのか、意図的に破棄されたのか?

これだけの量のゴミは勿論生態系にも悪影響を及ぼす危険性が大。しかし 現実的に一つ一つ撤去できるか?となれば不可能に近い状態。 この調査を踏まえてより真剣に環境問題への取り組みと教育の徹底が課せる事がこのプロジェクトのゴールとか。

一人一人の意識が変わっていくのは時間が掛かりそうです。

【関連記事】

(ライターSKKC)