実は意外と知られていないオリーブオイルの盲点!

a1180_007488

ヨーロッパのある地方ではオリーブオイルを健康のためにティースプーン一杯朝に飲む。とされているくらい、体に良いとされる「オリーブオイル」。ヘルシーなオイルの代名詞として 若い女性から主婦層まで大人気。しかし 調理法次第でせっかくのオイルの良い働きが大幅にダウンしてしまうのを知っていましたか?もしかしたら 間違った調理法でせっかくの栄養素を上手に取りいれられていなかったのかも?


article-2350631-0063434700000258-184_468x286
画像

サラダのドレッシングとして パスタに和えて、バケットにオリーブオイル+バルサミックビネガーを浸して食べても美味しいオイル。その独特の風味と味を楽しむだけでなく 他の油と比べ 抗酸化作用、または癌や他の病気に罹りにくくなる フェノール成分が配合されている優れもの。

健康思考が高まった人達に大人気のオイル。しかし万能と見えるこのオイルだが 実は熱に非常に弱いとされている。”弱い”というと語弊がある。正しくいうと せっかくの抗酸化作用やフェノール成分が熱により破壊され グッと効果が低くなってしまうというのだ。

身体にいいから!とせっせと油炒め用やフライ用に使用しているとしたら もったいない!高いオリーブオイルを購入してもお金の無駄になってしまい兼ねない。

それでも他オイル群と比べてヘルシーなのには変わらないオリーブオイル。その恩恵を漏れなく受けるには やはりシンプルに生野菜に和えたり(ドレッシング) 加熱料理後風味付けとして加えるのが一番良いようだ。
 
【参照記事】 
 http://www.dailymail.co.uk/health/article-2350631/Cooking-extra-virgin-olive-oil-waste-money-loses-health-benefits-heated.html

 【関連記事】
闇に包まれたマックのポテト製造工程が判明!ジャンクなんて言わせない!

ライターSKKC