落雷時に『金属』装着すると危ないは間違い!逆につけたほうがよい

1363684_37276902

全国的にも梅雨が明け出しいよいよ夏本番となる日本列島ですが、同時に大気が不安定となり雷雨を伴う積乱雲が頻繁に発生しやすい季節となっております。昼間は晴れていたのに夕方になると突然黒い雲が出現し『ゲリラ豪雨』となることもしばしばですが、気をつけなければならないのが「雷」です。雷が鳴ったらいち早く遠ざかり金属を外す・・・なんて発想はちょっと違うようです。


iyahon

雷の知識
http://www.aobaya.jp/chishiki.html

雷の情報を扱うサイト雷の知識によると、雷に遭遇した場合金属を外すという行為は全く無意味であることが判明。むしろ装着していたほうが電気が金属に流れる分電流が減り、生存率が上がるのだという。

しかも電流が流れやすいアイテムを装着していた事により命を救われたケースが実際にあったことが判明している。2009年のことだが、とある少女に雷が直撃。しかしなんとiPodを装着していた事により電流がiPodに伝わり心臓などの臓器に損傷は無かったおかげで、金属によるやけどと鼓膜の破裂をともなったものの、命には別条は無かった。

むろんiPodをつけていなければ命は無かったという。つまり金属並びに電流を通しやすい物を体に装着することで命を救う確率をあげることができるのだ。

つまり以前は「金属を外したほうがよい」と言う意見が主流だったが最近では「金属をつけたほうがよい」と言う意見が多くなりそうだ。ただし「必ず救われる」などという宗教的なアイテムではないので、あくまで予備知識として記憶するにとどめておき、いち早く建物内に逃げたほうが賢明だ。

【記事参照】
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1194120/Saved-iPod-Girl-survives-lightning-strike-wire-diverts-300-000-volts.html

(ライター:たまちゃん)

10 COMMENTS

秒刊名無し

ipodに銃弾があたって助かった兵隊もいたしipodの機能ハンパないな

秒刊名無し

またデマを・・・。
そもそも写真の少女の顔が無傷なのが不自然すぎる

秒刊名無し

※2
Dailymailの記事は信憑性高いからこのサイトよりはデマではないとおもうよ

秒刊名無し

元記事はデタラメではないんだろうけど、ここで記事にする時に誤訳したり
適当な憶測で文章追加したりするから気をつけないとな
命に関わることだからそもそも間違いがあっちゃいけないんだが、万一間違いが
あったとしても謝罪しないしな、このサイト

秒刊名無し

≫※4
謝る時は謝るよ。
相手が大企業とか警察のような、湯川さんが絶対勝てない相手に限られるけど。

秒刊名無し

iPodすげぇとかじゃなくて
結局パーソナル避雷針として稼動してくれるかどうかって事でしょ?
それよりも※2
あの顔が無傷に見えるお前の目がすごいよ

秒刊

昔 水上スキーしてた高校教師の首のネックレスに落雷した。いつも名前呼ばれて叱られてた人もいたようだけど思い出になった。

秒刊名無し

※9 顔には傷はないと思うが 体にはあるけども
あと金属が通路になったってだけでネックレス等を首に巻いてりゃ意味ねえし(心臓周りに集めりゃ逆効果) 一応ドアノブクラス以上の金属を所持すると当たる確率は若干だが上がるらしいけど
+日本じゃ雷が当たった時点での死亡率は7割以上(世界平均は3割 アメリカは1.5割程度)
日本だと多少の対策とろうが当たった時点でオワコン(救急救命制度・落雷に対する意識の欠如などが大きいらしいが)

秒刊名無し

雷くらったときには金属が助けになるかもしれんが
側雷みたいなケースでは逆に雷をひきつける可能性がある。
(落雷物の中を地面に向かって流れてる雷が
 近くにいるものに向かって飛び出してくるのが側雷)
日本じゃ避難場所がまったくない大平原ってことはまずないから
金属を身につけたほうがよい、は日本においてはデマ。

秒刊名無し


側雷に金属は無関係
実験によって優位な差はないことが判明している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。