ゴムじゃないのよ!目薬なのよ!!パッケージにダマされそうになる新商品

image002

「あれ?これアレなんじゃないの?」薬局で目薬・サンテPCのパッケージを始めて見たとき、完全に“明るい家族計画”(ちょっと例えが古いか?)とか“サガミオリジナル”(これならわかるでしょ?)と同じ、アレでしょ?と思ってしまった。ま、包み隠さず言うならば、コンドームなのかと思った!ということである。実は目薬なんだけども、中学生とかお年頃ならちょっと手に取りにくいパッケージ。筆者は、思春期もだいぶ過ぎた良い年のおっさんなので、構わず手に取り、買ってみた。


何度も何度も書いて悪いが、これはパッと見た感じは、やはり避妊具パッケージだ。わたしが中学2年の娘を持っていて、娘の部屋にこのパッケージの箱が転がっていたら、「だ、だれじゃ!?相手は!?!?」と母さんと家族会議レベルである。

いや、もしかしたらそういうお父さん方もあながちゼロとは言えないよ。だとしたら、お父さん方!ご安心してください。これは、目薬!!今、メガネ屋さんのJINSが売り出しているのが、JINS PCというメガネ。パソコンやスマホから発せられる青色光・ブルーライトをカットオフしてくれるというメガネだ。そう、嵐の櫻井君がCMしている商品。

そのブルーライトから来る目の疲れを改善する目薬が、このサンテPCなのだ。このパッケージが娘さんの部屋に無造作に転がっていても、世のお父さんは要らぬ心配をせずに「あ、娘の目は安心だ!」と胸をなでおろすことができるってもんだ。

image004
画像

パッケージはなかなか奇抜なデザインなのだが、目薬本体は可愛い。おそらく、スマホ世代(10代~30代)が気に入る様なデザインにしているのだろう。かつて、目薬のデザインと言えば、おじさんが使うヘアトニックを彷彿とさせるものや、やはりおじさんが使う整髪剤をイメージさせるものが多かった。水泳終わりの女子が、おじさんデザイン目薬を必至に点眼している姿を見るのは正直、衝撃的だった。それと比べると、デザイン的には合格じゃなかろうか。サンテと言えば、「キターー!」の織田裕二だが、今回のイメージキャラクターは裕二じゃないような気がする。やはり剛力彩芽ぐらいがちょうど良いのかもしれない。

image006
画像

確かに、筆者も仕事柄、パソコンに向かいっぱなしの生活だ。それが原因かは不明だが、目の疲れが半端ではないときがある。筆者同様、パソコンやスマホを長時間眺めている人は、一度このサンテPCを使ってみてはいかがだろうか?

あ、最後の最後までしつこくて申し訳ないが、薬局でお買い求めの際は、まず目薬のコーナーに行き、そのコーナーでもっとも「避妊具」っぽいものを探すとすぐに見つかるはず。やはり、この目薬のCMキャラクターは、剛力ちゃんではなく、夏目三久がベストかもしれない。顔の前でパッケージを持つだけで、あのフライデー写真を彷彿とさせるので、ね。

「参天製薬サンテPC」
http://hitomi-sukoyaka.com/sante_pc/

(ライター:つじぃ)

1 COMMENT

秒刊名無し

ステマ用の外注ライターなんだろうが、秒刊ライターに負けず劣らずのひどい文章
それとも中の人の自演だろうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。