ついに、アンパンマンがバイキン城に攻め込まない理由が判明する

anpanmna

アンパンマンの一つの疑問としてなぜばいきんまんのアジトである「バイキン城」に攻め込まないのかという理由の一つが判明した。桃太郎の理論でいえば、最終的に敵のアジトである「鬼ヶ島」に攻め込み正義が悪を倒すというストーリーが最も一般的であると考えられる、しかしアンパンマンは決して「バイキン城」に攻め込まないほか、殺すこともしない。いったいなぜなのだろうか、その理由の一つが判明した。



―なんと場所がわからない!

anpan2

アンパンマンQ&Aより

http://anpanman.jp/sekai/qanda/index.html

なんとアンパンマンは「バイキン城」の場所が判らないという。場所は不明だが、遠い遠い海の向こうにバイキン島がありそこにバイキン城があるのだという。つまりアンパンマンがバイキン城に攻め込まない理由は、単純に「場所がわからないから」という理由も可能性の一つである。

ただし、別に攻め込まなくても「ばいきんまん」を倒すことは可能だ。元気100倍になった際や多くの仲間の応援で、ばいきんまんを倒せるチャンスはいくらでもある。なぜ最後まで追い詰めないのか。

―ばいきんまんを殺さない理由

バイキン城が判らないという最も具体的な理由のほか、実はばいきんまんを根本的に殺さない理由が存在する。それは同じくばいきんまんの質問にヒントがある。

Q.ばいきんまんはいつも負けるのに、どうしてアンパンマンと戦うの?
A.ばいきんまんは、アンパンマンをやっつけることが生きがいなので、何度やられても、またアンパンマンと戦おうとします。

ばいきんまんは、アンパンマンをやっつけることが生きがい。対してアンパンマンは人を助けることが生きがい。つまりばいきんまんを殺してしまうと、「人を助ける」という生きがいの一つを失ってしまう。ばいきんまんを生かす殺さず「イタズラ」させることで、ある意味「マッチポンプ」のような行為にもなりますが、お互いが存在することでお互いの生きがいを得ているのです。


―アンパンチでばいきんまんのアジトに送っているが・・・?

アンパンマンがピンチになり、新しい顔を入れ替える。すると元気100倍となり「アーンパーンチ」でばいきんまんをパンチすることで、遠くの彼方へばいきんまんを葬り去る。その際「バイキン城」に到着するというケースもよくある。これを踏まえるとおおよそ「バイキン城」の場所を知っているのではないかという可能性もあるが、その辺の理由はクリアになっていない。

恐らくその辺はあまり触れないほうが良い「オトナの事情」というものがあるのだろう。
今後もケンカするほど仲が良いとは言いますが、二人の仲を見守っていきたい。

(ライター:ユカワ)

3 COMMENTS

秒刊名無し

うーん、、場所がわからないことないんだよね、バイキン城に、ボス倒しに行ったりだとか、様子見に行ったりするのとか、アニメで見た気がするし、だから、知らんことはない。
アンパンマンが一番の宿敵であり、生きがいとするのはわかります。ですが、彼の生きがいは、他人の不幸というもうひとつのポイントがあります。それを忘れると、大いなる設定に矛盾が生じるので気をつけましょう。
それと、最後、枚数の削減、大人の事情でしょう

秒刊名無し

キャッチアンドリリース
アンパンマンがヒーローで居続けるためにはバイキンマンが悪い事をしていないといけない

秒刊名無しさんでー

作者は明確に答えてますよ。アンパンマンはバイキンマンを退治したいわけではないからです。同じ世界に住む者同士仲良くしたいけど、他の人に意地悪をするために懲らしめているだけなのです。バイキンマンが悪事を働いてないときはニコニコしながら見守っていたりしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。