スマホ落下常習犯に朗報!驚異的防御力でガラスを死守する保護シール登場

rino1

「どんなガラスでも割ってしまう驚異の弾丸×絶対に割れない保護シール」というと少し大げさな対決にも見えますが、こちらの保護シールはなんと「金槌」で叩いても絶対に割れない保護シールなのです。実際に金槌や弾丸を落としたりして実験を行っている様子がうかがえますが、確かにこの保護シールを張ったスマホガラスは割れておりません。対して耐久性が強いといわれているゴリラガラス2は割れております。


―6層にも別れる設計

p1

驚異的な耐久性を持った「Rhino Shield」は6層構造からなるスマートフォン用の保護フィルムである。その耐久性は目を見張るものがあり、通常の落下はもちろん、弾を48センチの高さから落として試すテストや、金槌でそのまま叩くというテストにも見事その威力を発揮している。


―ゴリラガラス2は粉々に

rino1

左が9センチの高さから弾を落とした結果。右が約5倍の高さである48センチの高さから弾を落とした結果である。ご覧のとおり、左のゴリラガラス2はあっけなく粉砕。とはいえゴリラガラス2もそれなりの耐久性を持っているはずなので、いかにこの「Rhino Shield」の保護力が凄まじいかが良く判るだろう。

―金槌でたたく

p2

そこまで叩かなくても・・・といいたくもなる猛烈な連打。これならば高橋名人の連打にも耐えることができるほどの耐久性です。

でも6層もあるし、これだけ耐久性があるということは「厚い」フィルムで本末転倒じゃないの?と思うのかもしれませんが、厚さは0.28mmしかないのでご安心を。

価格は2,400円(£17.99)ぐらいで、現在スマホ(iPhone、Android)そしてタブレットPCにそれぞれ対応している。明日からもうこれで落下は怖くない。

http://www.evolutivelabs.com/

(ライター:ユカワ)

4 COMMENTS

秒刊名無し

これ、昨年くらいにかなり話題になってたけど?
iPhone5発売されたからか、ほこたて話題に乗る為か。
何かしらの理由で古い情報を引っ張りだしたのかな。

秒刊名無し

実生活で携帯のガラス面にモノを落としてガラスが割れるなんてシチュエーション見たことないです。
ガラスを割る大半のシチュエーションは携帯を落っことして携帯の側面に衝撃が加わり
ガラスを囲んでる樹脂なりアルミなりが歪み、ガラスの側面に圧力が加わってヒビが入るパターンが殆ど。
リンク先の動画でも、落とす時は必ずガラス面が地面に水平に接するように携帯本体に圧力が加わらないように落としてます。
携帯の角に衝撃が加わると、どんな強化ガラスだろうと、どんなフィルム貼ってようと無意味です。
むしろ強化ガラスの方が、側面に衝撃が加わると凄まじい勢いでガラスが粉々に四散します。
このフィルム貼っても、ガラス側面に圧力加えると即割れます。
唯一完全に防御出来るとすれば、今はあるかしらないけどカシオのGショックの技術を利用した携帯に当該のフィルムを貼ったものですね。

秒刊名無し

トムとジェリーの作者が描いた作品で、クルマが大破しても無傷なバンパーを思い出した。

秒刊名無し

>2
頭固すぎ
そりゃ鉄球がスマホに落ちる状況なんかそうそう無いだろうが
その位丈夫だという検証だろ?
あと値段みてみ、数万もするなら兎も角2400円ぽっちに
角から落としたら~とか何期待してるんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。