佐川急便かよっ!サンタクロースを追跡するサービス今年も始まる

nihon

毎年恒例のイベント「サンタクロースを追跡するサービス」が今年も始まった。このサイトはサンタクロースが現在どこの位置にいるのかを北米航空宇宙防衛司令部(North American Aerospace Defense Command)以下[NORAD]と協力の元、追跡するサービスだ。実はこのサービス1955年から開始されており当時は電話などを使い、追跡情報を提供している。



―様々な媒体で見れるぞ!

nihon

サイトのソースを確認したところ、Flash等は一切使っておらずHTMLとCSS,そしてJavaScriptでコーディングされているため、PCはもちろんスマートフォン、タブレットPCなどでも確認可能だ。ブラウザにもよるが、NintendoDSなどのゲーム機でも理論上確認できるので子供たちにやさしいサービス。ただし日本語ではなく英語なので、日本人の子供たちは触って楽しむか、英語がちょっとできるお父さんお母さんに翻訳を頼もう。(実はそのお父さんお母さんがサンタだなんて口が裂けても言えません)

―この追跡は本当なの?

sandta

サイト内には「この追跡は本当なの?」という直球の質問がある。確かにこの追跡が事実とは異なる情報であれば日本では「デマサイト」「捏造」などといわれてしまう。そんな質問にはこんな答えがある

過去のデータおよびNORADが50年蓄積した追跡データをもとに公開しております。我々は、サンタクロースが世界中の子供たちの心の中にいると信じております。

ということだ。それならば安心だ。

―マイクロソフトと提携

昨年まではGoogleと共同で行っていたこのサービスは今年はマイクロソフトと提携。左上に突如あるIEのマークに疑問を感じた方もいるのかもしれないが、それが理由だ。

ちなみにGoogleは独自で追跡サービスを開始している。どうやらサンタクロース追跡サービスはもはや「ビジネス」として成立してしまっているようだ。

Googleの追跡サービス
http://www.google.co.jp/santatracker/

サンタクロース追跡サービス(NORAD)
http://www.noradsanta.org/

(ライター:ユカワ)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。