恐らく30%近くがバックアップをしよう!と考えさせられる写真が話題に

WXlSW95h

恐らくあまり関係ないなと思っている方であればなおさら読んでほしいのだが、こちらのMacBookProはご覧のとおり見る影もなく無残な状態となっている。火災で見てのとおりカリカリに焼け焦げてしまったのだという。しかもこのMacBookの中に大切な論文が入っていたということでいち早くデータを復旧させたいところだが、このような状態でデータは取り出せるのだろうか。



83qdsO0h

リンク先の情報によると、PC自体は死んでしまったが中にあったハードディスクはかろうじて生きていたようだ。そのため外部から接続しデータを抽出。無事論文が手元に残りほっとしたということだ。このMacBookはアパートが火災にあい、見てのとおり「カリカリ」に焼け焦げ、ジョークではないがマックトーストになってしまったのだという。さらに火災の鎮火のため水やら消火剤などをかぶり、復旧は難しいのではないかと思われていた。

―本題:バックアップはとろう

ということでバックアップはとりたいところだが、常にUSBやら外部HDDに入れておくのは非常に手間がかかる。とはいえ一昔前はこまめにフロッピーディスクやMOなどに保存しておき、し忘れでマックが爆弾マークが出てきた時の恐怖は今でも忘れない。

あのころのように爆弾やブルースクリーンで落ちることはないが、再起動できないという不具合が起きないという保証もない。

ということでそれらを解決するにはやはりクラウド型のストレージサービスを使うのが効果的。最近では数十~数百ギガバイトを保存できるものもある。ほんの一例を紹介しよう

DropBox
https://www.dropbox.com/

Googleドライブ
https://www.google.com/intl/ja/drive/about.html

iCloud
http://www.apple.com/jp/icloud/

SugerSync
http://www.sugarsync.jp/

Yahooクラウド
http://cloud.yahoo.co.jp/new_storage/

など、お好みものをどうぞ。

―海外の反応

ジョークだとは思うが、これはストレージサービスのステマだという声も。

・Dropboxにマイドキュメントを移動しました。
・まじで?修士論文をバックアップしていない?
・Googleのドライブに移動するのは面倒なのかい?
・Dropboxなら自動的にやるよ
・マックトーストw
・私はちょうどSkyDriveを発見しました!
・Dropboxなら削除されたファイルを取得できますよ
・私もラテックスを使用しています
・LaTeXの良いところは、すべて単なるテキストファイルなのだ
・私はフラッシュドライブに保存。
・まじめな話、私はGoogleのドライブ内に保存したよ
・サードパーティ製のハード・ディスクへのフルアクセスを与えれたのかい?
・これは私が誤って少なくとも二回私のフラッシュドライブを洗浄している。マジです
・それは、Nokia製でしたか?
・iCloudもMacBookで動作します。
・できるだけ早くDropboxのアカウントを取得しろ! 間抜けだ。
・これはGoogleドキュメントのステマですか?

 
 (ライター:たまちゃん)

4 COMMENTS

秒刊名無し

LaTeXはラテックスじゃなくてラテフだね~。

秒刊名無し

バックアップより火事対策だろ

秒刊名無し

30%近くの意味するところが分からん。
火事対策しようと思う人が七割でパソコンだけ守りに行く人が三割なのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。