トルコがヤバい!凍てつく寒波で野ロバがカッチンコッチンに。

D121505020

南極で最低気温更新、エジプトで久々の雪に続き今度はトルコで大寒波!しかも野ロバが凍ってしまうというとんでもない状態です。ご確認いただけるようにロバには全身雪がかかり、毛皮もつららの様なものができてしまっているほどとんでもなく寒い状態であることがわかる。毛皮を体にまとっているとはいえこれは寒いことこの上ないはずだが彼らの状態はいかほどなのか。


http://youtu.be/6OW9jlnCjM8

186097d7

どうやら野ロバはこの寒波にやられ立ち往生してしまったようで、数匹が寒そうに肩を寄せ合い天候が回復するのを待っているようだ。ということで安心していただきたい、ロバたちは元気に生きている。さすが寒い地方ということで簡単には凍死しないようにできているようだ。さらに動物保護団体などが、このロバたちを憐れみ、動物保護施設に入れるなどして保護したようだ。

彼らの手助けがなければ今頃ロバたちは凍っていたのではと話しております。

情報元

http://www.dha.com.tr/sanliurfa-siverekte-esekler-buz-tuttu_565466.html

―どれぐらい寒いのか

このロバたちが居る場所はトルコの『カッパドキア』。乾燥したステップ気候で、夏は乾燥し日差しが強く、朝晩の温度差が激しい。また冬は雪となり防寒具は必須となる。ちなみに現時点では―12度という状態だ。もしトルコに行く場合は防寒対策を万全にないと痛い目にあいそうだ。

―保護されるロバ

動物保護団体などに保護され、積もった雪を取り除いてもらう様子。凍死せず一安心と思いたいところだが、今後寒波が押し寄せるたび人間の力を借りなければならないとなると、ロバもさぞかし気を使うことだろう。

D121505300
D1220582

(ライター:ユカワ)

4 COMMENTS

秒刊名無し

こういうのを自然破壊というんだよ。
自然に生息する動物の生死に関与する事は自然を破壊してる事にきずきましょう。
動物愛護なんとかは単なる偽善者。

秒刊名無し

※1 おまえみたいな血も涙もない人間にはなりたくねえ

秒刊名無し

>1
野生での肉食獣に襲われる小動物が可愛そうだからと手出しするような行き過ぎた愛護は確かにそうだろうがこの場合は違うだろ
そこまで自然破壊を気にするならお前は野生で生きろよ
今文字を打ってるパソコンだか携帯だかを生産したりソレを動かす電気の発電なんかは死に掛けたロバを助ける以上に自然破壊だ

秒刊名無し

>1 自然を守るのも自然を破壊するのも“自然”の一部なんだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。