ストリートビューで塀にぶら下がる猫が滑稽すぎると話題に

neko

ストリートビューに塀にぶら下がる猫が発見され話題を呼んでいる。実はこのストリートビューの中にもぶら下がって必死にもがいている猫の様子が偶然うつしだされているのだが、皆様お分かりであろうか。しかし猫がストリートビューに出ているにもかかわらず、人間と同等の「ぼかし」処理がされていない!と猫好きのユーザからは不満の声も出ている。


neko3
画像

neko1

場所
http://goo.gl/maps/70iTX

なんと確かに塀にネコがひっついているのがわかる。ちょうど塀を登ろうとしたのか、それとも登ろうとしたのだが、力尽きて落ちようとしている状態なのか、状況は明らかになってはいないが、さらに近づき塀をよく見てみると、猫がいなくなっているのがよく判る。不思議なものだ、猫はどこへ行ってしまったのだろうか。

この絶妙なタイミングで撮影したGoogleストリートビューのカメラは実に運が良い。実はほかにも国内で偶然ストリートビューに手を振る男性が自分自身をストリートビューで探し当てるなど、面白い現象は確認されている。

Googleカーに出会い手を振る男性見事にストリートビューにデビュー!
../archives/4586450.html

―猫の場所は?

場所は東京都葛飾区にある「金森書店」というお店の塀である。ストリートビューで「東京都葛飾区 金森書店」と検索するか、上記URLからそのまま閲覧することで確認できるはずだ。

―ネットの反応

・がんばれw
・東京は葛飾の金森書店のようです。
・ヽ(≧∇≦)ノぷははにゃー
・懸垂やってんだにゃー。
・必死さが伝わってくるwww
・コラじゃないんですか?Σ(゚Д゚;)!
・猫も配慮してぼかしをw
・やばい、ウケる
・わろたwwwwwwww
・葛飾区じゃんw
・ぬこさん・・・見られてるし!
・猫にもモザイクかけてあげればいいのに。
・猫ってなにやってもネタになるなww

(ライター:たまちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。