任天堂の株価が大暴落!今後は「健康ゲーム」の経営方針説の影響か?

nintendo

WiiUの不振にあえぐ任天堂に更なる追い討ちだ。日経平均株価の下落を受けた影響もあったためか株価が大暴落している。更に本日発表された「 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会 」もユーザ・株主にとってあまり魅力的ではないビジョンだったという可能性もある。「 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会 」の資料はインターネット上で確認できる。


kabu

2014年1月30日(木) 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/140130/index.html

経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会では、ビデオゲーム事業とは独立した別の領域で、任天堂の強みを活かした新しいプラットフォーム事業への挑戦や「人々のQOLを楽しく向上させるプラットフォームビジネス」という方針を明らかにしている。具体的には「健康」をテーマとするということだ。

―健康をテーマ?

任天堂によると「学習」や「生活」をはじめ、今後さまざまな可能性があるが、まずは、最初のステップとして「健康」をテーマにするということのようだ。

これはWiiFitをはじめとする健康器具を取り入れたゲームをより一層強化するものではないかと推測されるが、その方針が株価の健康状態をよくするということは現時点ではなさそうだ。

もちろんゲームが売れる・売れないは株価だけではないということは言うまでもないが。

―スマートデバイスにも提供

スマートフォンとは言い切っていないがスマートデバイス上のアプリとして、何らかのサービスを、今年中に開始したいと思っているという。我々が期待するのはドラクエアプリのように「iPhone」や「Android」端末で「マリオ」ができるということだ。

(ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

秒刊名無し

ナルホドこれからの時代はやっぱりスマホにゲーム出さないといけませんネ!
時代の潮流に乗らないなら市場の評価も悪くて当然デス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。