「ヤバいママ友」の見分け方! こんなママ友には要注意!

mama01

今の時季、入園・入学を控えた子を持つママたちは準備のみならず、これからのママ友とのお付き合いを考えウンザリなんて人もいるのでは?  それまで何の問題もなく仲良くしてたはずのママ友が、ちょっとしたことがきっかけで突然敵対するようになるというのもよく耳にすること。  読売新聞社が運営しているニュースサイト内にある掲示板“発言小町”では、そんなママ友に関係したスレッドが話題になっています。


mama02

 <自分と同じような環境や状況のママには注意>

意外に分かり合えそうだったり、同じレベルだからこそ同じ目線で付き合っていけそうなママには要注意だそう。

「無意識にお互いの子供、家庭環境を比べたり付き合いも続くし相手が悪いと僻まれたりする」こともあるといいます。なかなか怖いですね。

<人当たりのいい人やお世辞を言う人には要注意>

第一印象で、「あ、この人いい人だな」と思っていたら、後になってとんでもない人だったというのはよくある話。ママ友間でもそれは同じようです。

寄せられたものには「知り合って間もないのに、家の行き来がしたいというママに、ろくなのは居なかった」というコメントも。ママ友に限らず、初対面やほんのちょっとのかかわりだけでなれなれしくしてくる人には要注意!ですね。

<昔からつるまなきゃ何もできない人がトラブルに!?>

ほかにも「トラブルに巻き込まれる、起こす人は昔からつるまなきゃ何もできない人」というコメントや、「ママ友関係は広く浅く風通しのよいお付き合い」で避けられるとのコメントも。

確かに、学生時代の思考でそのまま大人になったような人ほど、トラブルの火種になったり巻き込まれたりするのかもしれません。基本は子ども同士の付き合いの延長として、ある程度距離感を持ったお付き合いが大事ということでしょうか。

スレッドには「嫌がらせは、無かったです」「揉めた事はありません」というコメントも多く寄せられており、ママともトラブルが必ずしもあるものでもないことも伺えます。これから迎える新年度、まずは必要以上に警戒するのではなく、適度な距離を保てるような強い気持ちでお付き合いに臨んでみてはどうでしょうか?

参考
http://www.tmn.jp/news/14017

(ライター:Yohko Kitashima)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。