1000年に一度の衝撃的すぎる寿司「キャラメルバナナ寿司」を食べてみた

susi1

もはや寿司ではない、と言われるほど衝撃的なビジュアルでデビューしたくら寿司の新作寿司「キャラメルチョコバナナ寿司」。当初ネットではあまりの衝撃的な「絵」に多くのユーザがツイッターやFacebookでバズりだし、結果的に多くの知名度を得ることとなった。もちろんテレビCMなどでは見かけない「ネットならでは」の告知だが、味のほうはいかほどなのか。


susi3

―早速食べてみる

ではいったいどのような味わいなのだろうか、早速注文。レーンを流れているものもあったが、折角であればできたて新鮮なバナナを食べたい。それは誰もが考える「望み」であり、言い方は悪いのかもしれないが「最後の悪あがき」。鮮魚ではない以上、レーンも注文もそう変わりはないだろう。

まつこと数分。届いたものは意外にも「寿司」だった。どうやらシャリの上に長細いものが乗っていれば脳内では「寿司」と認識するようでそれほど抵抗はない。

早速いただく。

―バナナの味がする!スイーツVS寿司の関ヶ原の合戦だ!

口に入れた瞬間、寿司では味わえない独特の「ねっとり感」と「さわやかさ」が融合した全く新しい新食感が口の中を襲う。そう、西軍「寿司」VS東軍「スイーツ」の関ヶ原の合戦がはじまる。

寿司は酢飯、ボリューム感からすれば西軍のほうが有利のように思えるが、バナナという驚異的なインパクトに加え、キャラメルソースという新兵器は「酢飯」をも無かったことにしている。さらに「米」の甘味である意味「タピオカ」のような味わいとなり最終的にこれは「スイーツ」と判断。東軍の勝利だ。

ちなみにこの商品は「くら寿司」と「森永ミルクキャラメル」のコラボだという。

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2014morinaga.html

susi2

正気の沙汰ではない「キャラメルバナナ寿司」がくら寿司から登場し話題に
../archives/4683965.html

(ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

秒刊名無し

モリナガ親王と児島高徳がコラボレートの太平記以来?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。