中国の「マネキン」の表現力が「ジワる」と話題に

mane

中国におけるマネキンディスプレイ技術が、我々の想像をはるかに超えるようなヴィジュアルだと話題となっております。マネキンといえばそもそも「服」などの衣装を身にまとうサンプルのような扱い方をすると言うのが一般的ではありますが、中国のマネキンは服だけでなくマネキンそのものを芸術作品として見なしているようです。さてどのようなものなのだろうか。


どうやら中国におけるマネキンは、服を着せるだけでなくいかに客をひきつけるかという「芸術」作品としてみなしているようで、ただ単純にディスプレイするという単純な利用方法ではないようだ。また服などのファッションだけでなく、ゴザなどのインテリア、フライパンなどの調理器具に至るまでその活躍の場は幅広い。きっとやはり中国人という国柄がなせる業なのであろう。

画像はWeiboにも大量に上がっておりますのでご参照ください。

http://www.weibo.com/1887251652/B8Xwaib29?mod=weibotime
http://www.weibo.com/u/1906537253

―イタズラすぎると中国人も絶賛

この画像が投稿されているWeiboを見てみると「店員のおばちゃんがイタズラすぎる」などと投稿されていることから、この店独自の手法なのかもしれません。いずれにせよ海を越えて話題になっていると言うことはこの店の
「バズマーケティング」の成功例であると言えます。

―ネットの反応

・ じわじわくるやばい
・ 使い方wwwwwwwwwwww
・ すごーい!プロジェクトランウェイで優勝できそうw
・ またまた
・ つぼった
・ なぜ着せ
・ やばwwwwwwww
・ このシリーズ、ほんとすんばらしい。
・ これは見たこと無かった
・ 素敵!これは中国の勝ち
・ 色味と言いナリ様っぽくない??
・ 中国4000年の歴史」という嘘に騙されるな!実際は60年の歴史しかない。
・ ぱっと見ビショップ(僧侶系)の衣装っぽい
・ 季節物なのか。。。 夏用の鎧?
・ …すごく…メンフィスです

(ライター:たまちゃん)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。