美術教師が描いた「ありのままの」落書きがハンパないと話題に

ari

黒板アートは定期的に話題になるが、こちらの「ありのままのアート」はあまりにクオリティが高く、力強くインパクトが絶大だ。投稿者によると体育祭前に士気を高めるために描いたようで、投稿者のお姉さんだという。しかも美術教師なのだという。描かれているのはもちろん「アナと雪の女王」のエルサである。冷気パワーで体を一気に引き締めるのか。


「ありのままの2組で勝負!」と書かれたメッセージは「アナと雪の女王」に出てくるヒロイン「エルサ」からのものだろうか。チョークという1色しかない媒体で欲もここまで濃淡をつけ立体的に表現できたものだと感心させられるも、言ってしまえばこれは「落書き」。落書きもクオリティを最大限に上げ、メッセージ性を強めることによりそれは落書きではなく「芸術」となることが改めて思い知らされた。

さすが美術教師だ。
その後この投稿者によると体育祭優勝したとの報告も。これはやはり教師と生徒の「ありのままの」パワーが旨く共鳴しあったに違いない。

写真:Twitter/すりょず (@sururinri) 様

―卒業シーズンに流行りだす黒板アート

実は卒業シーズンには生徒や先生が心を込めて黒板にメッセージや絵などを書き上げる黒板アートが流行りだし、度々ネットでも取りざたされる。しかしこの時期にしかもタイムリーなキャラクターがネットで話題となるのは大変珍しく、黒板アートの可能性を感じさせられる。

―ネットの反応

・ 俺も 体育祭とか好きになれはず。
・ す、凄すぎ(≧∇≦)!!!
・ 体育祭前に黒板に書かれてただって!美術教師半端ねぇw
・ てか、先生やらせとくの勿体ない
・ すごいクオリティ
・ お姉さん半端ねぇ!
・ 美術教師…恐ろしいw
・ うめぇーー
・ うん、イイですね もっと色々描いて頂きたいですね
・ 美術教師ガチじゃんW
・ 何も怖くない
・ チョーク絵すごっ!
・ こんな先生うらやましい
・ 素晴らしすぎる!
・ 美術教師の姉が黒板に書いたメッセージが凄い!
・ コレを描いてる時の黒板の音を想像するだけで鳥肌ががが

(ライター:たまちゃん)

7 COMMENTS

秒刊名無し

ちょっ…コレ大丈夫なのか?
大々的に記事にしちゃって大丈夫なのか???
仮にもディズニーのキャラクターだぞ。アメリカではミッキーマウス法って言われるぐらい
版権にうるさいディズニーのキャラクターだぞ。
学校内での先生の落書き程度ならよかったけど、記事にしちゃ絶対ダメだろ…。
この絵を描いた先生に被害がないといいのだけど。

秒刊名無し

チョークで絵を描くって結構難しいのにすごいな

秒刊名無し

ってぇことは練習しなくて良いんですね?

秒刊名無し

これうちの中学の先生じゃんwww

るるる♪꒰⁎⚈᷀᷁ᴗॢ⚈᷀᷁꒱

すげぇww
著作権は大丈夫?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。