マジか鏡を「歯磨き粉」で磨くと「ありのままの姿」になるらしい!実際にやってみた!

img_03

ふと気付いたら水垢がびっしりこびり付いてしまう風呂場の鏡。放置してしまうと、落とすのは至難の業だ……。
こんな鏡じゃ気分もスッキリしない……そんな悩みを抱える人に朗報。風呂場の鏡の汚れは、どの家庭にもある“あるもの”を使ってキレイさっぱり落とすことができるという情報を入手した。それはなんと「歯磨き粉」。渇いた布に歯磨き粉を付けて、鏡を拭くだけでピカピカになるという。はたしてこのうわさは本当なのだろうか? さっそく試してみた。


img_02

一回の歯磨きで使用する程度の量の歯磨き粉を布に乗せ、鏡をこすってみる。歯磨き粉のさわやかな香りが風呂場に広がり、たしかにキレイになっていく感じはある。

img_01

img_03

鏡を磨き、お湯で流してみると……なんということでしょう! ご覧の通りピカピカになったではないか! 力を込めてこすらなくても簡単に水垢を落とすことができるので、女性でも実践できそう。しかし、鏡の端に歯磨き粉が付着していると白くなってしまうので、そこだけ注意が必要だ。

img_04

しかし、なぜこんなにも簡単に水垢が落ちたのだろうか。調べてみると、どうやら歯磨き粉に含まれている研磨剤が水垢を落とす役目を果たしているようだ。

img_06

なので、研磨剤が入っていない、もしくは微量の子ども用の歯磨き粉だと、少し落ちにくい。ちなみに歯磨き粉の研磨剤の強さを調べる方法は、歯磨き粉を付けた歯ブラシでアルミホイルを磨き、歯ブラシが黒くなればなるほど研磨剤が強いということになる。

鏡はありのままの自分を映し出すもの。特に水回りの鏡はキレイにしておくと、自分自身も美しくなるといわれている。ついつい放置してしまいがちな風呂場の鏡。帰ったら、歯磨き粉でゴシゴシ磨いてみる?

(阿部綾奈/ノオト)

記事提供:【CHINTAI情報局】-暮らしの百科事典-

3 COMMENTS

秒刊名無し

研磨材は表面加工を落とすから眼鏡用のウエットティッシュが少し高いが安全よ。

秒刊名無し

それ……
試したことがあるけど、研磨剤が細かい傷をつけるから、何度もやると汚れがつきやすくなるよ。
ミソつけてごめん。

秒刊名無し

水垢が取れない→歯磨き粉や重曹
普段のお手入れ→酢かクエン酸水で水吹きと乾拭き
でいいよ。鏡は結構繊細だから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。